エイチーム、第4四半期のゲーム事業がV字回復 セグメント利益がQonQ115%増の3.6億円 既存ゲームが国内外で好調 新作3本の開発費も吸収



エイチーム<3662>は、この日(9月11日)、2020年7月期の決算説明資料を公開し、ゲームを展開するエンターテインメント事業の業績がV字回復したことを明かした。売上高が前四半期比(QonQ)で23.8%増の24億0500万円、セグメント利益が同115.2%増の3億6500万円となった。

 


同社では、既存ゲームのイベント施策が国内外で好調だったことに加えて、運用の効率化などを主な要因としている。他のゲーム会社と同様、新型コロナによる巣ごもり消費も追い風になったようだ。新作開発費も計上されたが、増収効果で吸収した。

なお、新作開発については、合計で3本の開発を行っているという。内訳を見ると、2021年7月期以降にリリースする2本、2022年7月期以降にリリースする予定の1本となる。

 
株式会社エイチーム
https://www.a-tm.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エイチーム
設立
2000年2月
代表者
代表取締役社長 林 高生
決算期
7月
直近業績
売上高312億5200万円、営業利益7億100万円、経常利益8億9500万円、最終利益8億7700万円(2021年7月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3662
企業データを見る