【ゲーム株概況(9/16)】コーテクHDが高値更新…新作『三國志 覇道』の好発進が評価材料に サイバーエージェントやAimingが買われる

9月16日の東京株式市場では、日経平均は小幅ながら反発し、前日比20.64円高の2万3475.53円で取引を終えた。前日の米国市場でハイテク株が買われた流れを引き継ぎ、国内市場も半導体関連などに買いが先行した。ただ、為替が1ドル=115円台前半まで円高方向に振れたことで、上値は重く、市場のエネルギーには欠ける展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、コーエーテクモHD<3635>が大幅続伸し、年初来高値を更新した。コーエーテクモHDは、前日9月15日にリリースしたスマ―トフォン用MMO戦略SLG『三國志 覇道』がApp Store売上ランキング(ゲームカテゴリー)で早くもトップ30入りを果たしたことが評価材料となっているようだ。また、先日、「Midas」ブランド初の国内タイトルとなる世紀末アクションRPG『真・北斗無双』を発表していることもポジティブに受け止められているようだ。

ほか、サイバーエージェント<4751>やAiming<3911>、ネクソン<3659>なども買われ、大手ゲーム株ではカプコン<9697>とスクウェア・エニックスHD<9684>も高い。

半面、ブシロード<7803>が利益確定の売り物に押され、アクセルマーク<3624>やエイチーム<3662>の下げがきつい。


■関連銘柄
コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高603億7000万円、営業利益243億9700万円、経常利益392億9900万円、最終利益295億5000万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3635
企業データを見る