モバイルファクトリー、20年12月期通期予想を下方修正…売上高、利益ともに予想レンジの下限割れに 位置情報連動型ゲームの売上高は約5億円減少

モバイルファクトリー<3912>は、10月23日、2020年12月期通期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来のレンジ予想の32億9500万~35億4600万円から28億1900万円、営業利益は同じく10億400万円~13億300万円から8億1400万円、経常利益は同10億200万円~13億円から8億1600万円、最終利益は同6億9200万円~8億9900万円から5億6300万円とレンジ下限を下回る予想に修正された。
 

これまでは新型コロナウイルス感染症について、感染拡大に対する予防措置として発出された緊急事態宣言が解除され、外出自粛や移動制限が徐々に緩和される一方で、その収束時期は依然として不透明であり、かつ経済活動に与える影響も不透明な状況であることから、業績に与える影響を合理的に算定することが困難であるため、予想を修正せず据え置いていた。

しかし、政府の経済政策により旅行や移動の活性化は見られるものの、依然として鉄道を中心とした移動に対する抵抗感も感じられ、従来の水準には回復していないこと、さらに夏に先行版をリリースした『駅メモ! Our Rails』においても、プロジェクト発足当初に想定した追加投資環境が整わない状況が続いている。

今般、新型コロナウイルス感染症による事業環境への影響(主に位置情報連動型ゲームの売上高、約5億円減少)および市場動向などをかんがみ、本状況下での各サービスの長期運用を見据えたKPI改善を優先するとともに、駅トークンの販売を2021年12月期へ延期する方針としたことを踏まえ、改めて見通しを検討した結果、売上高、各利益ともに前回予想の下限値を下回る見込みとなった。

なお、各種変動要因に対する一定の確度の高い見通しがついてきたことから、今回の予想は 特定数値による連結業績予想としている。 
株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億5500万円、営業利益8億6300万円、経常利益8億6600万円、最終利益5億8200万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3912
企業データを見る