BOI、20年9月期は営業損失6000万円と赤字転落 『ミトラスフィア』『クリプトラクト』減速 新作開発費も圧迫

バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>は、この日(11月12日)、2020年9月通期の連結決算を発表し、売上高30億6100万円(前の期は42億9500万円)、営業損失6000万円(同5億2600万円の利益計上)、経常損失7000万円(同5億1500万円の利益計上)、最終損失7400万円(同3億7300万円の利益計上)となった(前の期は単独決算のため、比較は参考程度と考えてほしい)。

減収・赤字転落となったが、これは主力タイトルの売上が低下したことに加えて、新作と「恋庭」の開発費を先行計上したことによる。『ミトラスフィア』の売上が40.1%低下し11億円、『クリプトラクト』が同17.0%減の19億5000万円と低下した。新型コロナウイルス感染症対策のための在宅勤務体制構築などの費用も収益を圧迫した。

 
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
http://www.boi.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
設立
2006年1月
代表者
代表取締役社長 樋口 智裕
決算期
9月
直近業績
売上高21億2900万円、営業損益8億700万円の赤字、経常損益8億100万円の赤字、最終損益5億4100万円の赤字(2021年9月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
4393
企業データを見る