ドリコム、音楽開発プロジェクト『AKROGLAM』を発表 「順調な立ち上がり。中期的にはIPとして育てたい」(内藤社長)


ドリコム<3793>の内藤裕紀社長は、この日(1月28日)にオンラインで開催した第3四半期の決算説明会において、新規オリジナルIPとして『AKROGLAM(アクログラム)』を手掛けていることを明らかにした。2020年9月より始まったサービスだが、提供会社についてはこれまで広く公開していなかったという。

『AKROGLAM』は、音楽と物語が交錯する音楽開発プロジェクト。ローンチ時に6曲を音楽配信サイトで配信し、今年1月から音楽CDのECもスタートした。内藤社長は、「音楽事業だが、中期的にはIPとして育てていきたい」とコメントした。

「自分たちで音楽の制作から流通、配信サービスまでやっており、公式Twitterのフォロワーが1万5000人、YouTubeチャンネルも1万1000人に達するなどファンコミュニティも育っている。順調に立ち上がってきている」という。

モバイルゲーム業界では、他社からライセンス許諾を得て新作ゲームを開発することが多かったが、有望なIPが枯渇するとともに、自社でIPプロデュースを始める会社が増えている。
 
 
株式会社ドリコム
http://www.drecom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ドリコム
設立
2001年11月
代表者
代表取締役社長 内藤 裕紀
決算期
3月
直近業績
売上高105億2800万円、営業利益15億9100万円、経常利益15億4100万円、最終利益8億700万円(2022年3月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3793
企業データを見る