CD PROJEKTがサイバー攻撃の被害 ゲームのソースコードや社内文書流出の恐れ、身代金の要求も

『サイバーパンク2077』を開発するCD PROJEKTは、2月9日、サイバー攻撃の被害にあい、一部内部システムへの侵入があったと報告した。

攻撃者は内部ネットワークに不正アクセスを行い、キャピタルグループの一部データを奪取、さらには身代金要求のテキストを残していったという。さらに同社のネットワーク内の機器の一部が暗号化されたものの、バックアップデータは被害を免れたとのこと。同社はすでにIT基盤の安全性を確保し、データの復旧に着手している。

同社は「身代金の要求や交渉に応じるつもりはない」と声明を公開、「現時点では今回のサイバー攻撃によって、同社の製品プレイヤーやユーザーのいかなる個人情報も含まれていなかった」とコメントしている。

身代金要求のテキストは以下の通り。テキストでは、『サイバーパンク2077』『ウィッチャー3』『グウェント』、『ウィッチャー3』の未発表版のソースコードをコピーしたこと。また、会計、管理、法務、人事、投資家向けの広報など、すべての文書を出力したとされる内容が記されている。

 



read me unlock - Notepad
!!!!!!!!!!!!!!!!!! Hello CD PROJEKT !!!!!!!!!!!!!!!!!!

Your have been EPICALLY pwned!! We have dumped FULL copies of the source codes from your Perforce server for Cyberpunk 2077, Witcher 3, Gwent and the unreleased version of Witcher 3!!!

We have also dumped all of your documents relating to accounting, administration, legal, HR, investor relations and more!

Also, we have encrypted all of your servers, but we understand that you can most likely recover from backups.

If we will not come to an agreement, then your source codes will be sold or leaked online and your documents will be sent to our contacts in gaming journalism.

Your public image will go down the shitter even more and people will see how you shitty your company functions. Investors will lose trust in your company and the stock will dive even lower! You have 48 hours to contact us.


■関連リンク
 

公式Twitter