セガの展開するゲーム事業、第3四半期の営業益は324%増の106億円と大幅増 リピート販売拡大 『プロセカ』と『リゼロス』も貢献

セガが展開しているゲーム事業が好調だ。セガサミーホールディングス<6460>は、この日(2月12日)、第3四半期(2020年10-12月)の決算を発表し、コンシューマ分野(家庭用ゲームとスマホゲーム、PCオンラインゲーム)の売上高が前年同期比で19.2%増の410億円、営業利益が同324.0%増の106億円と大きく伸びたことがわかった。

同事業の四半期ベースの売上高と営業利益は以下のとおり。

 


コンシューマゲームについては、同5.4%減の174億円だった。新作が前年同期の13タイトルから9タイトルに減ったため、新作の販売本数が減ったものの、高採算のリピート販売が増加した。新作の売上は52.3%減の86億円だったのに対し、リピート販売は123%増の89億円と大きく伸び、利益拡大に大きく貢献した。
 


また、F2Pも好調だった。前年同期比で105.3%増の195億円だった。『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク(プロセカ)』や『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories(リゼロス)』など新作モバイルゲームが貢献したとのこと。
 
▲この四半期にリリースした新作『プロセカ』と『リゼロス』が『PSO2』を抜いて1位、2位に。
株式会社セガ
https://www.sega.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社セガ
設立
1960年6月
代表者
代表取締役会長CEO 里見 治紀/代表取締役社長COO 杉野 行雄
決算期
3月
直近業績
売上高1342億8500万円、営業利益183億7200万円、経常利益225億1700万円、最終利益256億2000万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
セガサミーホールディングス株式会社
http://www.segasammy.co.jp

会社情報

会社名
セガサミーホールディングス株式会社
設立
2004年10月
代表者
代表取締役会長 里見 治/代表取締役社長 グループCEO 里見 治紀
決算期
3月
直近業績
売上高2777億4800万円、営業利益65億5300万円、経常利益17億1500万円、最終利益12億7400万円(2018年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
6460
企業データを見る