【ゲーム株概況(4/26)】東京通信が2000円台を回復 引け後に決算発表控えたコーエーテクモHDは続落 アピリッツとcolyはともに安値更新

4月26日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比105.60円高の2万9126.23円で取引を終えた。米国市場やアジア市場の上昇が市場心理の支えとなり、一時は上げ幅200円超に達する場面もあった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、アクセルマーク<3624>やgumi<3903>、モバイルファクトリー<3912>などNFT関連の一角に買いが入り、コロプラ<3668>は5日ぶりに反発した。

また、東京通信<7359>が反発し、終値ベースで4月5日以来となる2000円台を回復した。

半面、この日の大引け後に3月期の決算発表を控えていたコーエーテクモHD<3635>は警戒感から続落し、直近IPOのアピリッツ<4174>とcoly<4175>がともに上場来安値を更新した。

明後日4月28日に第2四半期決算の発表を予定するサイバーエージェント<4751>は、子会社Cygamesの『ウマ娘 プリティーダービー』が寄与するゲーム事業の好調が予想されるものの、足元は好決算発表後に売られる銘柄も目立っていることから、この日は警戒感の強い値動きとなった。


■関連銘柄
コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高603億7000万円、営業利益243億9700万円、経常利益392億9900万円、最終利益295億5000万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3635
企業データを見る