セガサミー、21年3月期のゲーム事業は営業益113%増の314億円 家庭用リピート販売好調、『プロジェクトセカイ』がF2Pタイトル1位に



セガサミーホールディングス<6460>は、本日発表した2022年3月期の決算で、セガを中心に展開しているゲーム事業(エンターテインメント事業のコンシューマ分野)の業績は、売上高が前の期比8.1%増の1357億円、営業利益が同113.6%増の314億円と大幅な増益となったことを明らかにした。新型コロナによる巣ごもり消費による需要増が追い風となった。

家庭用ゲームは、『ペルソナ5スクランブル ザ ファントム ストライカーズ(欧米版)』、『龍が如く7光と闇の行方(欧米版)』、『Football Manager2021』の新作を発売したほか、リピート販売が好調で、販売本数は4177万本(前期は2857万本の販売)となった。

販売本数の内訳を見ると、新作タイトルが602万本(前期は1148万本)と減ったものの、リピート販売が3575万本(前期は1709万本)と大きく伸びた。リピート販売は採算性が高く、大幅な増益の原動力になったと見られる。
 


また、F2Pタイトルは、『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories(リゼロス)』や『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク(プロセカ)』などの新作タイトルに加え、既存タイトルも好調に推移した、としている。
 


第4四半期におけるセガのF2Pタイトルの売上1位は、セガとColorful Paletteが共同展開している『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』だった。以下、『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』、『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』と続いた。
 
株式会社セガ
http://sega-games.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社セガ
設立
2015年4月
代表者
里見 治紀/杉野 行雄/松原健二
決算期
3月
上場区分
非上場
企業データを見る
セガサミーホールディングス株式会社
http://www.segasammy.co.jp

会社情報

会社名
セガサミーホールディングス株式会社
設立
2004年10月
代表者
里見治/鶴見尚也
決算期
3月
直近業績
売上高3236億円)、営業利益177億円、経常利益145億円、最終利益89億円(2018年3月期)
上場区分
東証1部
証券コード
6460
企業データを見る