モバイルファクトリー、オンラインマーケット「Funds」上で『NFTマーケットプレイス「ユニマ」広告事業ファンド#1』を公開



モバイルファクトリー<3912>とビットファクトリーは、ファンズが運営する貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」上で『NFTマーケットプレイス「ユニマ」広告事業ファンド#1』を公開したと発表した。


■『NFTマーケットプレイス「ユニマ」広告事業ファンド#1』について
『NFTマーケットプレイス「ユニマ」広告事業ファンド#1』は、NFTマーケットプレイス「ユニマ(Uniqys マーケットプレイス)」(以下、「ユニマ」)の認知向上および事業拡⼤を⽬的とした新しいプロモーション。

「Funds」上で同ファンドに投資した⽅限定で、2021年夏以降に「ユニマ」で実施する予定の駅メモ︕OurRails(以下、アワメモ︕)の駅をデジタル資産にした駅トークン(NFT)の初回オークションに招待する予定。

その他にも、アワメモ︕で利⽤できるアイテムがもらえる特典コードの配布や、初回オークションにおけるキャッシュバックキャンペーンの実施も予定している。

詳細は以下サイトを確認しよう。
https://funds.jp/fund/detail/mobilefactory01

※今回のファンドではファンズが募集主体となり、モバイルファクトリーは本取り組みに関するプロモーション相当費⽤をファンズグループに対して⽀払うのみとなる。モバイルファクトリーが今回のファンドを通じて資⾦を調達するものではない。

※NFT(Non-FungibleToken):NFTは、ブロックチェーンの特徴を⽤いて、デジタルデータの唯⼀性、固有性を証明できるデジタルアセット。期待が⾼まるアートジャンルを中⼼に市場が急成⻑しており、NFT化されたデジタルアートが数億円で売買されるなど、注⽬を浴びている。今後コンテンツの増加に伴い数年かけて市場が適正化されていくと考えられている。

※駅トークンはオークション形式で限定数販売されるため、購⼊できない場合がある。



■「Funds」について
「Funds」は、資産形成をしたい個⼈と、資⾦を借りたい企業を結ぶ貸付ファンドのオンラインマーケット。
これまで上場企業を中⼼とした29社が組成する約80のファンドを募集し、分配遅延・貸し倒れは0件。
(2021年4⽉末時点)


■「駅トークン(NFT)」で新しい体験を提供



「ユニマ」からアワメモ︕の駅トークン(NFT)を購⼊することで、所有者(以下、ステーションオーナー)はその駅のユーザー(以下、フェアマスター)へ利⽤権を付与することができる。

フェアマスターは利⽤料を⽀払うことでイベント(フェア)を開催できるようになり、駅の盛り上がりに応じてゲーム内アイテムを獲得できる。このシステムにより、オーナーは駅でフェアを開催する権利を付与する代わりに、フェアマスターからの利⽤料が対価としてオーナーへ⽀払われる。

また、ステーションオーナーはフェアマスターからの定期的な利⽤料を得ることができるだけでなく、NFTを取り扱う他社マーケットプレイスにて、駅トークンの売却を⾏うことが可能となる。

※オーナーに⽀払われる対価は、フェアマスターの利⽤料から⼿数料を差し引いたものとなる。

※フェアマスターの募集機能、利⽤料の設定機能は今後実装を検討している。

■NFTマーケットプレイス「ユニマ」概要
「ユニマ」はゲーム内データのほか、動画、記事、写真、楽曲、アートなどのデジタルデータをNFT化し、ユーザーに販売するまでをワンストップで⾏えるサービス。

「ユニマ」では、売買に暗号資産(ETH)を必要とせず、⽇本円での決済が可能となる。また、テーマのある作品群や連続性をもった作品を⼀覧表⽰する独⾃の仕組みを採⽤している。

そのほか、安⼼安全に利⽤するため、承認制によるアーティスト登録や本⼈確認の導⼊を予定している。

※ETH:Ethereum上の取引で使われる通貨Ether(イーサ)

ユニマに出品予定のNFT
「ユニマ」では様々なジャンルのNFTを展開予定。
●「駅メモ︕OurRails」位置情報ゲームと連動する駅トークン
●駅メモ︕シリーズ『でんこ』NFTトレーディングカード
●杉⽥陽平⽒「デジタルとアナログの共⽣で、私達の⽣活がどう変わるか︖〜ヒマワリの花びらで世界を繋ぐ〜」
●⼭⼝周⽒「ビジネスの未来エコノミーにヒューマニティを取り戻す」書籍企画

■「ユニマ」事前登録
リリースに向け、「ユニマ」の事前登録を受付中。詳細および事前登録は以下サイトを確認しよう。


「Funds」公式ウェブサイト:https://funds.jp/
株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億5500万円、営業利益8億6300万円、経常利益8億6600万円、最終利益5億8200万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3912
企業データを見る