Apple、WWDC21の基調講演は日本時間6月8日午前2時より



Appleは、日本時間6月8日午前2時より、WWDC21を開催すると発表した。WWDC21は、今年後半にすべてのAppleプラットフォームで登場するエキサイティングな新しいアップデートの発表を行う。

今回の発表に合わせて、イメージイラストも公開になった。イラストには眼鏡とAirPodsを装着した人物がおり、ARグラスとAirpodsを利用した新しいサービスの期待が高まっている。


Apple基調講演
6月7日午前10時(日本時間6月8日午前2時)
WWDC21は、今年後半にすべてのAppleプラットフォームで登場するエキサイティングな新しいアップデートの発表からスタートする。基調講演はApple Parkから直接、apple.com/jp、Apple Developerアプリケーション、Apple TVアプリケーション、YouTubeを通じて配信され、配信終了後はオンデマンド再生で視聴できる。


Platforms State of the Union
6月7日午後2時(日本時間6月8日午前6時)
Appleの開発者がさらに優れたアプリケーションを生み出すのに役立つ、新しいツール、テクノロジー、Appleプラットフォーム全体にわたる進化について深く掘り下げる。

Platforms State of the Unionは、Apple DeveloperアプリケーションとApple Developerウェブサイトを通じて配信される。

Apple Design Awards
6月10日午後2時(日本時間6月11日午前6時)
毎年、Apple Design AwardsはAppleの開発者のクリエイティブな芸術性、クラフトマンシップ、技術面の功績を讃えている。Apple Design AwardsはApple DeveloperアプリケーションとApple Developerウェブサイトを通じて配信される。

エキスパートから学ぶ
200を超える詳細なセッションや1対1のラボなども提供するWWDC21では、開発者はこれまでにない方法でAppleのエンジニアやデザイナーから学ぶことができ、最新のツールやテクノロジーを学んで次世代のアプリケーションの開発に活かすことができる。

Apple Developer Programのメンバーは、1,000人以上のAppleのエキスパートとの1対1のラボコンサルティングを希望して最新のAPIやベストプラクティスについて質問したり、ユーザーインターフェイスやデザインのレビューに申し込んだりすることができる。

また、この週を通じて、Apple DeveloperフォーラムでもAppleのエンジニアから学ぶ機会を提供します。エンジニアが質問に回答したり、技術的なディスカッションにも対応する。6月8日からはセッションのビデオが毎日公開され、Apple DeveloperアプリケーションとApple Developerウェブサイトを通じて視聴できる。

スペシャルイベント
Appleのエンジニアやデザイナーとのセッションやラボコンサルティングに加えて、WWDC21では、開発者の皆さんを讃えてコミュニティを一つにするために用意された特別なアクティビティやイベントも開催する。

コーディングやデザインの課題に挑戦したり、ゲストスピーカーから学んだりすることができる。

パビリオン
WWDC21で新たに登場するパビリオンにより、開発者は特定のトピックに関連するセッション、ラボ、スペシャルアクティビティを簡単に探すことができるようになる。会議の参加者は自分のWWDCの体験をカスタマイズし、SwiftUI、デベロッパツール、アクセシビリティとインクルージョンなど、特定の分野について編成されたコンテンツをチェックできる。パビリオンはApple Developerアプリケーションでのみ利用可能となる。