【ゲーム株概況(6/1)】4月月次が前年同月比51%増のまんだらけが高値更新 ケイブは新株予約権の発行による希薄化懸念の売りが続く

6月1日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比45.74円安の2万8814.34円で取引を終えた。朝方は買いが先行したものの、米国での経済指標の発表を日本時間の今晩に控えており、手控えムードから次第に値を崩した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ガーラ<4777>やAiming<3911>、アカツキ<3932>などが買われた。目新しい材料は見当たらないものの、ガーラはNFT関連銘柄の循環物色の流れが向かっている要素が大きそうだ。

また、周辺株では、まんだらけ<2652>が大幅続伸し、年初来高値を更新した。まんだらけは、2021年4月の月次売上高が全店ベースで前年同月比51.1%増となったことが評価材料となっているもよう。前年同月は1回目の緊急事態宣言の発令が大きく影を落とした数字ではあるが、その復調ぶりがあらためて鮮明になったとの見方が強い様子だ。

半面、KADOKAWA<9468>やギークス<7060>が売られ、スクウェア・エニックスHD<9684>やカプコン<9697>など大手ゲーム株の一角もさえない。

ケイブ<3760>は、前週末5月28日にマッコーリー・バンク・リミテッドを割当先とする新株予約権の発行による資金調達を発表しており、前日に続いて希薄化懸念による売り物に押される展開となっているようだ。

ほか、coly<4175>は、前日に急反発を演じていたこともあり、この日は反落した。


■関連銘柄
株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ケイブ
設立
1994年6月
代表者
代表取締役社長 秋田 英好/代表取締役副社長 安藤 裕史
決算期
5月
直近業績
売上高17億400万円、営業損益2億2500万円の赤字、経常損益2億3300万円の赤字、最終損益2億4400万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
3760
企業データを見る
株式会社まんだらけ
https://www.mandarake.co.jp/index2.html

会社情報

会社名
株式会社まんだらけ
設立
1987年2月
代表者
代表取締役社長 辻中 雄二郎
決算期
9月
直近業績
売上高90億1700万円、営業利益2億5700万円)、経常利益2億4500万円、最終利益1億3900万円(2020年9月期)
上場区分
東証二部
証券コード
2652
企業データを見る