GMO、サムライパートナーズとNFT事業参入を目的とした子会社「GMOアダム」を設立 NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」を展開へ

GMOインターネット<9449>は、この日(6月16日)、連結子会社である GMO フィナンシャルホールディングス<7177>とサムライパートナーズとの共同出資による子会社として、GMOアダム株式会社を設立すると発表した。出資比率は、GMO フィナンシャルホールディングスが73.46%、GMOインターネット12.24%、サムライパートナーズが11.02%となる。8月より事業を開始する予定だ。代表には、熊谷正寿氏と高島秀行氏が就任する。

GMOアダムは、暗号資産事業を通じて蓄積してきた顧客基盤、ノウハウ、ブロックチェーン技術を活かして、NFTの取引が可能なマーケットプレイス「Adam byGMO」を提供していく予定。また、クリエイターとの提携やプロモーションに強みを持つサムライパートナーズとも連携し、魅力あるコンテンツのある NFT マーケットプレイスを目指す、としている。