マンガボックス、21年3月期の最終利益は1億0400万円 設立初年度ながら利益計上

マンガボックスの2021年3月期(第1期)の決算は、最終利益が1億0475万5000円だった。本日(6月29日)付の「官報」に掲載した「決算公告」で判明した。

同社は、7月1日より、『マンガボックス』の運営事業をスピンオフする形で設立された。設立初年度ながら利益計上するなど順調な立ち上がりとなったようだ。

なお、ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>の100%子会社だったが、現在、TBSの子会社となっている。

『マンガボックス』は、人気マンガ家の連載作品が読めるスマートフォン・タブレット端末向けのマンガ雑誌アプリで、2013年12月よりサービス提供を行っている。

 
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1308億6800万円、営業利益114億6200万円、税引前利益294億1900万円、最終利益305億3200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る