ブロッコリー、第1四半期における新規IP『ジャックジャンヌ』の全体売上に占める割合は17.1%に 『うたプリ』は52%から33%に低下、『Z/X』も7.9%に落とす



ブロッコリー<2706>は、この日(7月9日)発表した第1四半期(2021年3月~5月)の連結決算で、新規IP『ジャックジャンヌ』の売上が全体の17.1%になったことを明らかにした。同社は、今年3月にNintendo Switch『ジャックジャンヌ』を発売しており、売上としては2億5300万円と計算できる。

「その他」もシェアが30.7%から41.8%に拡大した。金額ベースについては3億9100万円からら6億1900万円となった。「その他」は、他社からライセンスを受けて制作したグッズとなるため、ライセンス料などがかかるため、利益率については自社IPに比べると低下する傾向にあるようだ。

その一方、全体の前年同期においては全体の52.4%を占めていた『うたの☆プリンスさまっ♪』関連の比率は33.2%に低下した。金額としては4億9200万円で、前年同期の6億6800万円から大きく減らしたことがわかる。

このほか、『うたプリ』に続く自社IP『Z/X -Zillions of enemy X-(ゼクス ジリオンズ オブ エネミー エックス)』も16.9%から7.9%に低下した。売上は2億1500万円から1億1700万円に低下した。


【関連記事】
ブロッコリー、第1四半期の決算は営業益66%減の8200万円 劇場版うたプリのロイヤリティ収入が今期計上されず 「ジャックジャンヌ」の販管費も重しに
株式会社ブロッコリー
http://www.broccoli.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ブロッコリー
設立
1994年3月
代表者
代表取締役社長 高橋 善之
決算期
2月
直近業績
売上高63億600万円、営業利益9億6700万円、経常利益9億9900万円、最終利益5億2100万円(2021年2月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
2706
企業データを見る