GameWith、2021年5月期の決算は営業損失2億円と赤字転落…広告宣伝など先行投資が収益圧迫

GameWith<6552>は、7月14日、2021年5月通期の連結決算を発表し、売上高28億8000万円(前の期比0.3%減)、営業損失2億0900万円(前の期は4億0800万円の利益計上)、経常損失2億2400万円(同4億0800万円の利益計上)、最終損失2億1700万円(同2億1900万円の利益計上)と減収・赤字転落となった。


・売上高:28億8000万円(同0.3%減)
・営業損失:2億0900万円(同4億0800万円の利益計上)
・経常損失:2億2400万円(同4億0800万円の利益計上)
・最終損失:2億1700万円(同2億1900万円の利益計上)

 


期初から影響があった新型コロナウイルス感染症の影響も和らぎつつあり、広告出稿を控えていた企業も徐々に出稿を増やしてきた。しかし、2021年1月に発出した緊急事態宣言が延長したこともあり、多くの企業において広告宣伝等のプロモーションの実施が控えられ、昨年4月の緊急事態宣言下ほどの影響はないものの、広告を受託する「GameWith」等においても影響が生じた。

こうしたなか、家庭用ゲームやPCゲームの積極的な取り扱いに引き続き注力したほか、基盤となるアプリゲームの攻略情報においてもユーザーから大きな支持を得ることができた。また、注目するeスポーツにおいては、選手の獲得だけでなく、ファンクラブの設立や物販等に着手するなど収益拡大や新たな収益モデルの確立に注力してきた。

また、同社グループは企業並びにサービスの認知度の向上を目的としたプロモーションを積極的に行っていたが、第4四半期においてはプロモーション戦略の見直しを行うことで当初見込んでいた広告宣伝費の一部を削減したとのこと。販売管理費は、6億6000万円増えて16億5400万円となった。


 
■2022年5月通期の見通し

2022年5月通期は、売上高31億9300万円(前期比10.9%増)、営業利益1億3300万円(前期は2億0900万円の損失計上)、経常利益1億3000万円(同2億2400万円の損失計上)、最終利益7900万円(同2億1700万円の損失計上)を見込む。


・売上高:31億9300万円(同10.9%増)
・営業利益:1億3300万円(同2億0900万円の損失計上)
・経常利益:1億3000万円(同2億2400万円の損失計上)
・最終利益:7900万円(同2億1700万円の損失計上)

 
株式会社GameWith
http://gamewith.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社GameWith
設立
2013年6月
代表者
今泉 卓也
決算期
5月
企業データを見る