【決算プレビュー】Aiming、第2四半期決算を7月30日に発表 『DQタクト』周年前でQonQ減収減益を計画

Aiming<3911>は、第2四半期(2021年4~6月)の決算を7月30日15時に発表する予定だ。同社では、第2四半期の業績については、売上高24億7800万円(同29.9%減)、営業利益2億4000万円(同57.5%減)、経常利益2億4000万円(同53.8%減)、最終利益2億0700万円(同52.3%減)と大幅減収・減益を計画しているという。


・売上高:24億7800万円(同29.9%減)
・営業利益:2億4000万円(同57.5%減)
・経常利益:2億4000万円(同53.8%減)
・最終利益:2億0700万円(同52.3%減)


『ドラゴンクエストタクト』の売上がリリース1周年を前に落ち着く見通しであることに加え、前四半期に受託案件が前倒しで売上計上されたために減収・減益となる見通しとした。椎葉社長は『ドラゴンクエストタクト』については7月の1周年に向けてしっかりと準備を行いたい、とコメントしていた。

なお、前四半期である第1四半期(1~3月)は、売上高35億3700万円(前四半期比4.7%減)、営業利益5億6600万円(同35.7%増)、経常利益5億2000万円(同26.5%増)、最終利益4億3600万円(同31.1%減)と売上と営業利益が大きく伸びた。『ドラゴンクエストタクト』が半周年を迎えるなど好調だった。


・売上高:35億3700万円(同4.7%減)
・営業利益:5億6600万円(同35.7%増)
・経常利益:5億2000万円(同26.5%増)
・最終利益:4億3600万円(同31.1%減)
株式会社Aiming
http://aiming-inc.com/

会社情報

会社名
株式会社Aiming
設立
2011年5月
代表者
代表取締役社長 椎葉 忠志
決算期
12月
直近業績
売上高119億300万円、営業利益16億7300万円、経常利益16億5300万円、最終利益16億9300万円(2020年12月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3911
企業データを見る