【ゲーム株概況(7/21)】3ヵ月連続で月次業績好調のフリューが3日ぶりの大幅反発 ワンダープラネットとテンダが安値更新 ベクターは大幅反落

7月21日の東京株式市場では、日経平均は6日ぶりの反発となり、前日比159.84円高の2万7548.00円で取引を終えた。前日の米国市場の大幅反発を受けて国内市場も朝方から大きく反発して始まったものの、明日から4連休を控えていることもあり、リスク回避の動きから次第に上げ幅を縮小した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、まもなく発表が本格化する4~6月決算への期待感からスクウェア・エニックスHD<9684>やコーエーテクモHD<3635>など大手ゲーム株の一角の強さが目立った。

また、4月、5月に続き6月の月次業績も好調な数字となったフリュー<6238>が3日ぶりの大幅反発となった。

ほか、東映アニメ<4816>やKADOKAWA<9468>などが買われた。

半面、ワンダープラネット<4199>とテンダ<4198>が上場来安値を更新し、前日7月20日に発表した第1四半期決算が大幅な減収、赤字幅拡大となったベクター<2656>が大幅反落した。

周辺株では、メタップス<6172>が6日続落し、終値ベースで7月8日以来の1200円割れとなった。


■関連銘柄
株式会社ベクター
http://ir.vector.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ベクター
設立
1989年2月
代表者
梶並 伸博
決算期
3月
直近業績
営業収益17億9700万円、営業損益3100万円の赤字、経常損益2000万円の赤字、最終損益2900万円の赤字(15年3月期)
上場区分
ジャスダック
証券コード
2656
企業データを見る
フリュー株式会社
http://www.furyu.jp/

会社情報

会社名
フリュー株式会社
設立
2007年4月
代表者
代表取締役社長 三嶋 隆
決算期
3月
直近業績
売上高247億7700万円、営業利益27億3600万円、経常利益27億1600万円、最終利益18億4400万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
6238
企業データを見る