グラムス、『ラグナドール』のシナリオと「ピッコマ」でのマンガ連載を発表! アニメムービーも公開!

 

gumi<3903>グループのグラムスは、本日(7月30日)、新作タイトル『ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫』のシナリオと電子マンガ・ノベルサービス「ピッコマ」でのスマートフォンゲーム初のマンガ連載を発表した。


■スマホに特化した RPG は全て縦型で没入感抜群!白組によるハイクオリティアニメ縦型アニメムービー

 

本作品のシナリオアニメーションの制作は『STAND BY ME ドラえもん』や『revisionsリヴィジョンズ』などの CG アニメを手掛けた白組が担当し、ハイクオリティな縦型アニメーションとなっている。

■八つの國を巡る、救い主たるあなたと妖怪の物語

本作では、安倍晴明により危機に瀕した妖怪の世界で、八つの國を巡る物語が描かれる。それぞれの國は他の妖怪とは一線を画す力を持った『妖主(ようしゅ)』が統治している。プレイヤーは往く先々の國で個性豊かな妖怪たちと出会い、力を合わせ、時に争いながら救世の旅を繰り広げることとなる。

  • 妖主『滝夜叉姫』が治める『夜叉ノ國』

  • 妖主『邪魅』が治める『山嶽ノ國』

 

  • 妖主『紅葉』が治める『花魁ノ國』

  • 妖主『隠神刑部』が治める『堺ノ國』

 

  • 妖主『酒呑童子』が治める『鬼ノ國』

  • 妖主『鞍馬天狗』が治める『天狗ノ國』

 

  • 妖主『遠呂智姫』が治める『大蛇ノ國』

  • 妖主代理『天狐』が治める『妖狐ノ國』

■マルチメディア展開の第1弾!スマートフォンゲーム初のピッコマでのマンガ連載が決定!

本作の物語はゲーム内で描かれるに留まらず、マルチメディア展開の第1弾として、漫画アプリ「ピッコマ」でスマートフォンゲーム初のマンガ連載の開始する。

作品名は『ラナドール 妖怪だらけの異世界で迷子になりました』とし、ゲーム本編より過去の話を展開する。

さらに連載開始はゲームのリリース前となるので、ゲーム本編へと続く物語をいち早く楽しめるようになっている。今後もゲームのみならず、多様なメディアでの展開を控えているので、続報を是非楽しみに待ってほしい。

<現在制作中コミックのラフを一部公開!>

■関連サイト

 

株式会社gumi
http://gu3.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社gumi
設立
2007年6月
代表者
川本 寛之
決算期
4月
直近業績
・売上高:186億2800万円(前の期比6.0%減)
・営業利益:15億1400万円(同32.0%減)
・経常利益:60億7100万円(同185.7%増)
・最終利益:18億3500万円(同4.4%増)
上場区分
東証1部
証券コード
3903
企業データを見る
株式会社グラムス
https://grams.game/

会社情報

会社名
株式会社グラムス
設立
2018年6月
代表者
代表取締役社長 谷 直史
企業データを見る