【ゲーム株概況(8/5)】任天堂との訴訟和解でコロプラが一時854円まで買われる 1Q営業赤字縮小のサンリオも大幅反発

  • 8月5日の東京株式市場では、日経平均は3日ぶりに反発し、前日比144.04円高の2万7728.12円で取引を終えた。引き続き新型コロナウイルスの感染拡大への懸念は強いものの、好決算銘柄を中心に買い物が先行した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、任天堂<7974>から提起を受けていた訴訟について、和解することで合意したと発表したコロプラ<3668>が一時854円まで買われるなど反発した。

    また、前日8月4日に発表した第1四半期決算が営業赤字縮小となったサンリオ<8136>が大幅反発し、家電事業の採算改善で大幅な増益となったソニーグループ<6758>も3日ぶりに反発した。

    この日の大引け後に第2四半期決算を発表予定の東京通信<7359>も高い。

    半面、ワンダープラネット<4199>やアピリッツ<4174>、テンダ<4198>、coly<4175>などが安く、KADOKAWA<9468>は3日続落と2日の急騰後の利益確定売りの流れが続いた。

株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 馬場 功淳
決算期
9月
直近業績
売上高451億2800万円、営業利益122億5000万円、経常利益117億9000万円、最終利益79億7700万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3668
企業データを見る
株式会社サンリオ
https://www.sanrio.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サンリオ
設立
1960年8月
代表者
代表取締役会長 辻 信太郎/代表取締役社長 辻 朋邦
決算期
3月
直近業績
売上高410億5300万円、営業損益32億8000万円の赤字、経常損益17億3100万円の赤字、最終損益39億6000万円の赤字(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
8136
企業データを見る