ビーグリー、第2四半期のプラットフォームセグメントは営業損失1.1億と赤字に ゲーム収益圧迫 『無職転生』の運営適正化で収益化目指す

ビーグリー<3981>は、第2四半期(21年4~6月)におけるプラットフォームセグメントの売上高が前四半期比で12.1%増の31億9300万円と過去最高を更新したものの、営業損失1億1200万円(前四半期は6900万円の黒字)と赤字転落となったことを明かした。同社によると、このセグメントで展開する『まんが王国』が拡大したが、ゲームが計画未達で収益を圧迫したとのこと。

 

  

同社では、ゲーム事業としては、『無職転生~ゲームになっても本気だす~』を3月28日にリリースし、配信10日で100万ダウンロードを突破したものの、利益を生み出すには至っていないという。第2四半期までの累計で2億0100万円の営業損失となっているという。

同社では、今後は運営体制の適正化を行うことで収益化を目指すとしている。原作アニメの『無職転生 異世界行ったら本気出す』第2クールの放送が10月3日から始まる予定で、ゲームとの相乗効果も出していきたいところだろう。

 

 

株式会社ビーグリー
https://www.beaglee.com/

会社情報

会社名
株式会社ビーグリー
設立
2004年10月
代表者
代表取締役社長 吉田 仁平
決算期
12月
直近業績
売上高123億7800万円、営業利益11億3600万円、経常利益9億9000万円、最終利益4億7000万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3981
企業データを見る