HIKKY、WEBブラウザ上で動くVRコンテンツ開発エンジン『Vket Cloud(ブイケット クラウド)』のサービス展開を開始!

 

世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」を始めとしたVRコンテンツの制作・開発ソリューションを提供するHIKKYは、スマートフォンやPCのWEBブラウザ上で動くVRコンテンツ開発エンジン『Vket Cloud(ブイケット クラウド)』のサービス展開を開始した。世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット6」で 一部のコンテンツをVket Cloudで展開しているそうだ。

このVket Cloudを用いて制作したバーチャル空間には、スマートフォンやパソコンから、専用アプリなどのダウンロードを行うことなく、URLリンクをクリックするだけでアクセスができる。マルチプレイにも対応しており、ボイスチャットやテキストチャットで同空間内にいる他のユーザーとのコミュニケーションも楽しめる。

VR用のヘッドマウントディスプレイや、VR環境に耐えうる高スペックPCを持っていない人も含めた、幅広い層へ手軽かつ優れたバーチャル体験を通じた出会いや感動を提供し、自社ブランドの訴求や強化をサポートする。

SNSやWeb会議などコミュニケーションのデジタル化(DX化)が浸透してきた昨今、その次のフェイズとしてVRやARなどの仮想空間(xR)が新たなサービスの場として大きく注目を集めている。クライアントのxR開発へのニーズが高まり続けていることに加え、ユーザーに簡単かつ幅広く提供可能なVRコンテンツの展開をサポートするため、HIKKYは独自のVRコンテンツ開発エンジンである「Vket Cloud」を開発したという。

 

【Vket Cloudの特徴】

1.スマホやPCからURLクリックだけで簡単アクセス
Google ChromeやSafariなどのWEBブラウザ上にバーチャル空間を構築するため、専用アプリなどのインストールの必要なく、お手持ちのスマートフォンやパソコンなどのあらゆる端末から、URLをクリックするだけでアクセス可能な手軽さを実現した。バーチャル空間でありながらすべてのインターネットユーザーが潜在顧客となり、多方面へのリーチができる。

2.マルチプレイで音声コミュニケーションが可能
Vket Cloudで制作した空間内には“3Dアバター"となって入場する。ユーザーはこの3Dアバターを使って空間内を自由に動き回り、同空間内にいる他ユーザーと音声やテキストによるコミュニケーションができる。Web会議と異なり、アバター同士の距離が近ければ音声も大きく聞こえ、距離が遠くなるほど小さくなり、遠く離れると聞こえなくなるという物理的な距離感を再現したリアルなコミュニケーションを実現する。

3.圧倒的性能
ブラウザ上でありながら、特にスマートフォンにおいて圧倒的な描画パフォーマンスを実現。高画質な描写と軽快な動作、そして豊かな体験で、顧客やユーザーを没入させ、VRならではのインタラクティブな商品・ブランド体験を提供する。

4.高カスタマイズ性
各企業の課題やニーズに応じてOEMで提供するため、自社IDの導入や、外部サービスとの連携、アナリティクスの設置など様々な機能の実装ができる。他社プラットフォームに依存したコンテンツではなく、自社独自のVRプラットフォーム・コンテンツの開設をサポートする。