バンダイとバンナムアミューズメント、バンダイロジパル、空カプセルのリサイクル事業 「ガシャポン カプセルリサイクル」を本日より開始

バンダイとバンダイナムコアミューズメント、バンダイロジパルは、3社合同でガシャポンの空カプセルのリサイクル事業 「ガシャポン カプセルリサイクル」を本日(9月10日)より開始することを発表した。

ガシャポンのカプセルを原料としたリサイクルは、カプセルトイ業界において初の取り組みとなる。

今回の取り組みは、ガシャポンの空カプセルの循環スキームの確立によるプラスチックごみ排出の削減や枯渇資源の使用抑制を目的としている。バンダイナムコアミューズメントが国内で運営する4店舗のガシャポン取り扱い店舗などで利用者から回収した不要なガシャポンの空カプセルを、物流サービスを手掛けるバンダイロジパルが回収・配送し、プラスチックの再生加工などを行う関越資材にて再資源化する。バンダイは、マテリアルリサイクルにて再資源化したペレットを原料に「リサイクルエコカプセル」を生産し、新商品のカプセルとして2021年度内に市場投入を予定している。

なお、2021年4月~2022年3月末までの空カプセル回収量は20t(φ5cmのガシャポンカプセル400万個相当)を見込んでいる。今後もバンダイナムコアミューズメントが運営する「ガシャポンのデパート」「ガシャポンバンダイオフィシャルショップ」を中心に空カプセル回収拠点のさらなる拡大を目指す。
※空カプセルの回収は2006年より開始。2021年4月より本プロジェクトのために規模を拡大している。

■「リサイクルエコカプセル」について
「リサイクルエコカプセル」は、回収した空カプセルをカプセルの原料となる「ペレット」(リサイクルペレット)の状態に戻し、通常の「ペレット」(バージンペレット)に混合して成型する。リサイクルペレットは約20%の割合で配合し、今後、この配合率はさらに上げていく予定だ。

なお、「リサイクルエコカプセル」は、9月17日に東京ソラマチにてオープン予定の「ガシャポンバンダイオフィシャルショップ」のオープン記念ノベルティ用カプセルとして初めて活用する。また、「リサイクルエコカプセル」は自社の認定制度である「エコメダル」の認定を受けている。

▲リサイクルエコカプセル

▲リサイクルペレット

■「ガシャポン カプセルリサイクル」の仕組み

■空カプセルの回収ボックスもアプリと連動し楽しく回収
本年度より新たに回収拠点として拡大した「ガシャポンのデパート」「ガシャポンバンダイオフィシャルショップ」では、空カプセル回収ボックス「ガシャポイントステーション」を設置し、利用者に楽しんでもらいながら空カプセルを回収できる工夫を行っている。「ガシャポイントステーション」は、バンダイナムコアミューズメントが提供する無料のスマートフォンアプリ「ナムコポイントアプリ」と連動し、空カプセルを回収ボックスへ入れることでポイントを獲得でき、さまざまなサービスを受けることができる。

▼「エコメダル」認定制度について
バンダイナムコグループのエンターテインメントユニットトイホビー事業に属する会社の製品全てを対象に、独自の環境基準をクリアした製品に与えられる「エコメダル」認定制度を導入している。「製品本体」「容器包装」「取扱説明書その他」のカテゴリーごとに設定した基準を満たせば認定となり、2020年度は319アイテムをエコメダル認定している。なお、今回発表した「エコカプセル」もエコメダルを認定した。このエコメダルマークは商品パッケージやWEBサイト「おもちゃの会社バンダイのCSR」にてPRし、普及に努めていく。

株式会社バンダイ
http://www.bandai.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイ
設立
1950年7月
代表者
代表取締役社長 竹中 一博
決算期
3月
直近業績
売上高1188億200万円、営業利益76億100万円、経常利益104億600万円、最終利益80億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
株式会社バンダイナムコアミューズメント
https://bandainamco-am.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコアミューズメント
設立
2006年3月
代表者
代表取締役社長 川﨑 寛
決算期
3月
直近業績
売上高550億6800万円、営業損益63億7100万円の赤字、経常損益62億6500万円の赤字、最終損益125億7200万円の赤字(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る