【ブシロードTCG戦略発表会2021秋 事前特集3】唯一無二のTCG・ヴァイスシュヴァルツの軌跡と野望

広告

トレーディングカードゲーム・ヴァイスシュヴァルツは、人気アニメ・ゲーム作品を中心に100を超えるタイトルが同じ舞台に集う“超エンターテインメントTCG”です。

最近では「ワールドトリガー」や「五等分の花嫁∬」、VTuber事務所「ホロライブプロダクション」などの商品発売が予定されており、さらに「アドベンチャー・タイム」など海外限定の商品も発売。全世界的な人気を誇る「MARVEL」の参戦も発表されるなど、海外でも知名度を獲得し、そのブランド力はTCG界でも有数のものとなりました。

「日本初のTCG専門カンパニー」を掲げて設立されたブシロードが創り上げたヴァイスシュヴァルツは、2008年3月に第1弾として「D.C(ダ・カーポ). D.C.Ⅱ」、「ペルソナ3」、「リトルバスターズ!」3タイトルの商品が発売されました。

ユーザーへの初お披露目として2007年12月にプロレスの聖地・新宿FACEで行われた「ヴァイスシュヴァルツ発表会」。ヴァイスシュヴァルツの創案者・木谷高明氏は「ヴァイスシュヴァルツ 五箇条の御誓文」を発表します。

一、刺激的かつ面白いゲームを楽しんで頂くことを目指します。
一、コレクションとトレードの楽しさを長期的にわたり味わって頂くことを目指します。
一、常に初心者を増やすことを心がけかつお客様のコミュニティ形成にお役に立つことを目指します。
一、参加タイトルのキャラクターの魅力を最大限に引き出すことを目指します。
一、地方のカードゲーム活性化のお役に立つことを目指します。

ヴァイスシュヴァルツの10年以上にわたる歴史はこの「五箇条の御誓文」を追い求め、さまざまなチャレンジを続けた日々だとも言えるのです。
今回は、そんなヴァイスシュヴァルツの軌跡の一端を知るべく、黎明期から深く関わってきた3人に、一番の思い出と展望・期待について語ってもらいました。

9月11日:遊宝洞・中村聡さん(ヴァイスシュヴァルツゲームデザイン)
9月12日:声優・愛美さん(ヴァイスシュヴァルツフェザー)
9月13日:ブシロード・籏野宏徳さん(ヴァイスシュヴァルツチームリーダー)

愛美さんの場合

愛美

(あいみ)

愛美さんは声優として「BanG Dream!」の戸山香澄、「D4DJ」の山手響子など多くのキャラクターを演じる一方、ソロアーティストとしても活躍。最新シングル「カザニア」を発売するなど、マルチな才能を見せています。

ブシロードといえば、その大規模かつインパクトの強い宣伝に特徴があることが知られています。現在TCGと並びブシロードの主力コンテンツとなっている「BanG Dream!」や「D4DJ」の広告は、特に首都圏で目にする機会も多いのではないでしょうか。愛美さんも、ブシロードの広告がきっかけで声優になったといいます。

愛美:ブシロードのことを知ったのはニコニコ動画でした。当時、私はこの世界に入りたくていろんなオーディションを受けていたのですが、ニコニコ動画の広告で『探偵オペラミルキィホームズ』の声優オーディションの募集を見つけて応募したんです。

 ※『探偵オペラミルキィホームズ』
2009年~2019年に展開されたブシロードのオリジナル作品。数度のアニメ化やゲーム化、そしてキャストによる武道館公演などを実現させた。

 愛美さんは2010年に実施された「エリーを探せ! ミルキィホームズ 声優オーディションツアー」で準優勝となり、ブシロードが運営する声優事務所・響に所属することになりました。そこでヴァイスシュヴァルツと出会い、フェザー(サポーターのような役割)に就任しました。

 愛美:当時は全然カードゲームをやったことがありませんでした。でも当時の響のスタッフさんに『響の所属声優はヴァイスシュヴァルツができるようになること!』と言われて、そうなんだ、と不安ながらもはじめました(笑)。

 全くのTCG初心者としてヴァイスシュヴァルツをはじめた愛美さんでしたが、不安をよそにすぐに上達していくことになります。

 愛美:一時期は、ブシロードが主催する大会はほぼ全会場行っていたと思います。とにかく全国を回ったことを覚えています。新鮮なお仕事でしたが、カードゲームの知識が増えるのが楽しかったです。

 さらに愛美さんは、大会・イベントへの参加にとどまらず『ブシロードTCG情報局』(2012~2013年)というテレビ番組にも出演し、ヴァイスシュヴァルツのコーナーを持つようにもなりました。

愛美:『ブシロードTCG情報局』では「ヴァイスシュヴァルツ日本一」っていうコーナーがあって、全国のショップさんで店員さんとファイトしました。これは使うデッキを当日の朝にスタッフさんに渡してもらうんですよ。だから、行きの移動中にデッキの戦術を考えて、いきなり店員さんとファイトするんです。関東以外の地方もたくさん回れて楽しくやらせてもらっていたんですけど、今思うとかなりの修行でした(笑)。

新人のころからヴァイスシュヴァルツに携わらせてもらっていて、カードゲームって面白いなっていうのももちろん、貴重な体験をさせて頂いたので、その後の自分の活動にも影響を与えたことは間違いないですね。

ヴァイスシュヴァルツから得た経験は、今の自分にもつながると語る愛美さん。愛美さんは同じ事務所の佐々木未来さんとの「あいみこ」コンビでさまざまな活動を行い、ヴァイスシュヴァルツの発展に今にいたるまで貢献。その後、事務所の後輩たちもイベントや配信に参加する文化は続き、現在は渡瀬結月さんと深川瑠華さんの「ゆづるか」コンビが「レッツヴァイスシュヴァルツ!」などの生配信番組で活躍しています。

愛美:響に所属した新人の子がヴァイスシュヴァルツを広める活動をやらせていただくのが、伝統みたいになっているのは嬉しいです。大会のガンスリンガー(多人数でファイトし制限時間内での勝数を競う対戦方式)でいろんな方とファイトさせてもらったんですけど、お客さんと30分コミュニケーションが取れるイベントなんてそうそうないですよね。

だから今後、今の状況がよくなってイベントが安全な形で再開すれば、そういうコーナーも復活していったりすると思うので、またガンスリやりたいですね!

最後に愛美さんは今後のヴァイスシュヴァルツに期待することについて、こんな提案をしてくれました。

愛美:この前、「チームY」というYouTubeチャンネルの動画で(佐々木)未来ちゃんとファイトしましたが、やっぱりヴァイスシュヴァルツってめちゃめちゃ楽しいですよね! もっとたくさんの人に広めたいです。

例えば「BanG Dream!」限定の大会だったら、プロジェクションマッピングでアニメやライブの映像や、「BanG Dream!」にまつわるBGMを流すとかどうでしょう。 Poppin'Party(愛美さんが演じる戸山香澄が所属するバンド)のカードを置いたら画像認識をして、Poppin'Partyの楽曲とか流れ出すとか楽しそうですよね。

そういう“五感をフル活用するファイト”は、今やっている人も新しい楽しみになるだろうし、初めての人もヴァイスシュヴァルツに触れるきっかけにもなるだろうから、ぜひやってみてほしいなって……できますかね? ひとりのプレイヤーとして楽しみにしています!(笑)。

▼愛美さんのヴァイスシュヴァルツ思い出の1枚「“多才能力者”木山」

https://ws-tcg.com/cardlist/?cardno=RG/W10-031

「全国の大会に出させていただいていた当時、『とある科学の超電磁砲』デッキが好きでよく使っていました。とにかく後列に置きたいカードです(笑)」

次回(9月13日公開)はヴァイスシュヴァルツのチームリーダーを務める、ブシロードの籏野宏徳さんにお話をお聞きします。

9月14日はYouTubeLIVEにてヴァイスシュヴァルツをはじめブシロードTCGの最新情報が一挙に公開される「ブシロードTCG戦略発表会2021秋」が生配信予定です。



株式会社ブシロード
http://bushiroad.com/
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 ~オンラインサービス充実へ~
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 ~オンラインサービス充実へ~

会社情報

会社名
株式会社ブシロード
設立
2007年5月
代表者
橋本義賢
決算期
7月
直近業績
売上高325億6900万円、営業利益3億4400万円、経常利益5億8300万円、最終損益2億8400万円の赤字(2021年6月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
7803
企業データを見る