ワントゥーテン、リアルとバーチャルを融合させた新しいイベントPF「スマート・デジタル・フィールド」を販売開始

 

ワントゥーテンは、リアルとバーチャルを融合させた新しいイベントプラットフォーム「Smart Digital Field(スマート・デジタル・フィールド)」の販売を開始した。オフライン(現実世界)の代替としてのオンライン(仮想世界)ではなく、オフラインとオンラインを融合し相互のインタラクションを体感できる技術を新たな顧客体験プラットフォームとして実用化したという。

 

デモンストレーション映像

 

■「Smart Digital Field」の基本機能と特徴
<基本機能>
1.リアル空間とバーチャル空間の座標位置情報をシームレスに同期させることが可能
2.リアル空間にあるスクリーンと、バーチャル空間にあるスクリーンに、同じライブ映像を配信することが可能
3.「エモティコン」「エモアクション」機能で今の感情をアイコンやモーションで表現することが可能。
4.バーチャル空間にログインしているユーザー全員とチャットでやりとりすることが可能。(オープンチャット機能)
5.バーチャル空間にログインしているユーザー同士1対1で、チャットすることが可能(プライベートチャット機能)
6.リアル空間のオブジェクトをバーチャル空間の同じ座標に配置することでリアルとバーチャルでシームレスな体験が可能。

 

 

<特徴>
・リアル空間とバーチャル空間の位置情報をリアルタイムで相互共有するため両空間でシームレスにつながる体験が可能
・1つのバーチャル空間に複数の体験者アバターがログインできるためシームレスにマルチプレイを行うことが可能
・座る、手を振るなどの動きを、アバターを通して、両空間でシームレスに行うことが可能
リアルとバーチャルを横断した「テキストチャット機能」や、体験の臨場感を高める「立体音響機能」などを実装予定。

■「Smart Digital Field」の活用シーン
リアルだけで実施していたイベントも、「Smart Digital Field」の活用によりバーチャル空間と相互コミュニケーションを持たせながら実施することができる。
1. 製品やサービスなどを紹介し、相互空間で体感する展示イベントでの活用
2. リアルとバーチャルの体験を繋いだ新しい工場見学での活用
3. オープンな場所で複数人に対し発信するイベントなどのカンファレンスでの活用
4. 顧客との接点を創出し商談などに繋げるイベントといった商談での活用
5. 自粛で登校できない学生達への体験型授業など教育の場での活用
6. ライブ演出やエンタメイベントでの相互空間を活用したエンタメイベントでの活用

■Panasonicの【SPORTS CHANGE MAKERS】に採用
「Smart Digital Field」を利用した「Mirror Field」は、2021年3月と8月にパナソニックセンター東京で行われた【Panasonic SPORTS CHANGE MAKERS】のイベント手法として採用した。インターネットから参加している人々の「アバター」が現実世界の会場に現れるイベントは「現実世界と仮想世界が融合する不思議な空間」として大きな話題となった。

 

 

(C)1→10, Inc.