ケイブ、第1四半期決算は2010年以降で最も厳しい数字に 『東方』新作は22年リリース予定、「占占」は緩やかに増加中

 

ケイブ<3760>が本日(10月13日)、2022年5月期の第1四半期(2021年6~8月)の決算を発表し、売上高が前年同期比35.9%減の2億8000万円、営業損失5億2200万円(前年同期は1600万円の黒字)と大幅減収・赤字転落となった。

 

売上高については2010年以来で最も低い水準で、営業損失も最も大きな赤字幅となった。株式費用報酬を考慮すると、営業損失は1億7400万円となる。

 

主力タイトル『ゴシックは魔法乙女』は漸減が続く一方、現在開発中の「東方Project」より許諾を受けた新作ゲームについては少し先となる2022年中にリリースする予定だ。

 

『ゴシックは魔法乙女』は、運営の見直しと施策の品質向上、ユーザーを飽きさせないアップデートなどで改善傾向にあるという。売上は前四半期比でプラスになったものの、前年同期では依然としてマイナスだ。

 

また、新規サービスの「占占(sensen)」についても売上高、ユーザー数ともに「ゆるやかに増加」しているとのこと。本格的な収益貢献はまだ先とみられ、我慢の局面がもう少し続きそうだ。

 

なお、株式報酬費用については、新株予約権付与者に対する労働サービスの対価として支払われる報酬となる。利益剰余金と新株予約権で相殺されるうえ、キャッシュアウトを伴わない費用になるそうだ。

株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ケイブ
設立
1994年6月
代表者
代表取締役社長 秋田 英好/代表取締役副社長 安藤 裕史
決算期
5月
直近業績
売上高17億400万円、営業損益2億2500万円の赤字、経常損益2億3300万円の赤字、最終損益2億4400万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
3760
企業データを見る