グリー子会社のREALITY、21年6月期の決算は最終損失4億7300万円と赤字大幅減 26億円の債務超過 メタバース事業への参入を発表

グリー<3632>子会社のREALITY(旧Wright Flyer Live Entertainment)の2021年6月期(第4期)の決算は、最終損失が4億7300万円と赤字幅が大きく減った。前の期(2020年6月期)の実績は、最終損失21億6500万円だった。10月15日付の「官報」に掲載された決算公告で判明した。26億円の債務超過となっている。

同社は、"なりたい自分で、生きていく。"をビジョンに掲げ、バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」の運営やバーチャルライブ制作などのライブエンターテインメント事業を展開している。今年8月にメタバース事業に参入することも発表している。

 

グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る

会社情報

会社名
REALITY
代表者
代表取締役社長 荒木 英士
企業データを見る