【ゲーム株概況(10/20)】グリーが12連騰と気を吐く 外資系がレーティングを「アンダーパフォーム」に格下げの任天堂が売られる

  • 10月20日の東京株式市場では、日経平均は小幅ながら続伸し、前日比40.03円高の2万9255.55円で取引を終えた。前日の米国市場高に加え、国内の経済活動の正常化への期待から買いが先行したものの、買い一巡後は利益確定の売り物に押されて上げ幅を縮小した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、グリー<3632>が12連騰し、一時900円台後半まで買われたほか、東京通信<7359>や日本ファルコム<3723>、ケイブ<3760>などが買われた。

    7~9月決算発表シーズンの接近で、収益黒字化の継続や最新作『進撃の巨人 Brave Order』の開発状況などに関心が募るenish<3667>もしっかり。

    半面、ジェフリーズ証券がレーティングを「ホールド」から「アンダーパフォーム」に格下げし、目標株価も5万500円から4万3900円に引き下げた任天堂<7974>が売られて、一時5万円われとなったほか、サイバーエージェント<4751>やcoly<4175>、ワンダープラネット<4199>なども安い。

    サイバーステップ<3810>は反落し、年初来安値を更新した。

グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆7589億円、営業利益6406億円、経常利益6789億円、最終利益4803億円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7974
企業データを見る