ユニティ、「Unityゲーミングサービス」ベータ版をリリース マルチプレイヤーのライブゲーム開発における労力を軽減

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、親会社であるUnityが「Unityゲーミングサービス」ベータ版をリリースしたことを明らかにした。このサービスは、Unityの既存のゲーム向けOperate Solutionsを統合し、クロスプラットフォーム・マルチプレイヤーゲームの開発を容易にする新しいツールとサービスを含む、新しいプラットフォーム体験を提供する。

Unityゲーミングサービスは、Unity NetcodeやTransportとシームレスに統合されており、Unity Editorから数回クリックするだけで、マルチプレイヤーゲームを即座にオンライン化することができる。

また、このプラットフォームには、開発者がゲームの規模に関わらず、ライブゲームの運営に必要なすべての機能が含まれており、高負荷なプラットフォームリリースプロセスを経ることなく、ゲームロジックをUnityのバックエンドサービスと同期させることができる。

開発者は、単一のダッシュボードべてのデータストリームを可視化することで、ゲームのパフォーマンスを全方位で見渡すことができ、実用的な情報や分析を得ることができる。Unityゲーミングサービスは無料で利用開始でき、開発者は規模に応じて透明性の高い価格で利用することができる。

ベータ期間中、すべての開発者に無料で公開されているUnityゲーミングサービスは、Android、iOS、Linux、Mac、Windowsに対応しており、すぐに利用できる。コンソールのサポートは現在、招待制となっているが、近日中に提供を開始する予定。

■イングリッド・レスティヨ(Ingrid Lestiyo)氏(SVP兼Operate Solutionsのジェネラル・マネージャー)
「Unityのミッションは、 今日ますます複雑化する新しい課題に対処する開発者の成功を可能にすることです。 クロスプラットフォームのマルチプレイヤーゲームに対するプレイヤーの需要が高まっている中、 Unityゲーミングサービスは、 開発者がより多くのマルチプレイヤーゲームを発売するための参入障壁を軽減し、 業界の規模とプレイ可能なタイトルを拡大していきます」

Unity(ユニティ)

会社情報

会社名
Unity(ユニティ)
企業データを見る