ポールトゥウィン、21年1月期の決算は最終利益が19億7000万円 ゲームのデバッグや翻訳を軸に、近年はスマート家電やIT機器も



ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス<3657>子会社のポールトゥウィン、2021年1月期(第29期)の決算は最終利益が19億7000万円だった。10月25日付けの「官報」に掲載された「決算公告」で判明した。

同社はゲームのデバッグ、検証・評価、翻訳などの主軸にしている。ゲーム以外にも最新のスマート家電や最新IT機器などへの対応も行っている。また、2022年2月にポールトゥウインを存続会社とし、同じくポールトゥウィン・ピットクルーホールディングスの連結子会社ピットクルーとクアーズの両者を合併する予定。

<関連記事>
ポールトゥウィン、ピットクルーとクアーズと合併 ピットクルーとクアーズは解散へ

ポールトゥウィン株式会社
http://www.ptw.co.jp/

会社情報

会社名
ポールトゥウィン株式会社
設立
1994年1月
代表者
代表取締役社長 宗 孝幸
企業データを見る