コーエーテクモ、9月中間の家庭用ゲーム売上は47%増の170億円 自社ゲーム『NINJA GAIDEN』や『戦国無双5』好調、『仁王2』などリピートも貢献



コーエーテクモホールディングス<3635>は、2022年3月期の9月中間期における家庭用ゲームソフトの売上高は前年同期比47.8%増の170億1500万円だったことを明らかにした。内訳は、パッケージが同54.2%増の95億3500万円、ダウンロード販売が同48.0%増の63億5000万円、ダウンロードコンテンツが同8.7%増の11億3000万円となった。



地域別の売上高を見ると、国内が63.0%増の187億9800万円、アジアが同60.6%増の117億5000万円、北米が68.4%増の49億4400万円、欧州が27.3%増の17億2800万円と全地域で伸びたという。



『戦国無双5』や『NINJA GAIDEN:リマスターコレクション』など自社パブリッシングタイトルが好調だったことに加えて、『仁王2 Complete Edition』などのリピート販売も堅調に推移した、としている。



なお、下半期以降のリリース予定タイトルは以下のとおり。

株式会社コーエーテクモゲームス
https://www.gamecity.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社コーエーテクモゲームス
設立
1978年7月
代表者
代表取締役会長(CEO) 襟川 陽一/代表取締役社長(COO) 鯉沼 久史
決算期
3月
直近業績
売上高524億4300万円、経常利益363億8300万円、最終利益275億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高603億7000万円、営業利益243億9700万円、経常利益392億9900万円、最終利益295億5000万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3635
企業データを見る