【決算まとめ③】ゲーム関連企業35社の7-9月…コロナ禍での大手の業績改善進む 『ウマ娘』のCA、ハイカジのカヤックと東京通信も好調 新作低調のKLabの苦戦が目立つ

  • 主要モバイルゲーム企業の2021年7~9月期の決算を引き続き振り返ってみたい。今回の記事では7~9月期の決算シーズンの主要モバイルゲーム企業の決算を前年同期比較でまとめてみたい。

    ちなみに前四半期比較と同様にエイチーム<3662>とgumi<3903>、coly<4175>の決算は5~7月期の数字を使用している。また、アピリッツ<4174>は前年同期の数字が取得できなかったため、今回の集計データには含んでいない。また、ブシロードは前期に6月期決算に決算期を変更したため、比較対象となる前年同期数字は8~10月期のものとなる。

    なお、これまでの前四半期比較と同様にネクソン<3659>はモバイル事業の売上高も掲載し、サイバーエージェント<4751>(表中はCA)は、ゲーム事業の数字のみを取り上げている。

    前年同期比較での増収増益の傾向を見ると、大手ゲーム株の好調ぶりが目立つ。これは、コロナ禍で前年同期は大手ゲーム株のアミューズメント関連事業などが大きな影響を受けた反動が大きそうだ。リアルイベントの部分が同じようにコロナ禍で打撃を受けていたブシロード<7803>が大幅な黒字転換を果たしているのも近しい要因と言えるだろう。

    また、『ウマ娘』の好調さが前年同期比較では継続傾向にあるサイバーエージェントや、ゲーム事業で新作1タイトルのフロー売上高を計上したギークス<7060>、ハイパーカジュアルゲームが好調なカヤック<3904>、東京通信<7359>など、その増収増益の要因が一目でわかりやすい企業が多い印象だ。

    一方、数字面からも非常にその苦戦ぶりが伝わってくるのは、KLab<3656>やgumi、ケイブ<3760>といったところだろう。KLabは、『テイルズ オブ クレストリア』と『スクスタ』の減損処理を第2四半期に実施するなど、既存タイトルの減衰をカバーすべき新作が低調なスタートとなったことが業績に影を落としている。なお、『テイルズ オブ クレストリア』は、前日12月7日に来年2月7日付でのサービス終了を発表しており、トンネルを抜けるまでやや時間がかかる可能性がありそうだ。

    gumiとケイブは、前年同期の黒字から5億円超の営業赤字に転落した格好だ。特にケイブは、株式報酬費用という一過性の要因があるとはいえ、四半期売上高も3億円割れまで低下してきている。新作の開発やゲーム以外の領域の開拓を進めているものの、その具体的な成果が出る時期は読みづらいところだろう。

    なお、34社中の16社が増収、18社が減収となった一方、18社が増益、16社が減益となっており、増収増益の企業数は拮抗した状況だった。

【関連記事】
【決算まとめ①】ゲーム関連企業35社の7-9月…『ラグオリ』と『Ragnarok X』寄与のガンホーがV字型回復 ギークスは『ヒロアカ』でレベニューシェア計上も

【決算まとめ②】ゲーム関連企業35社の7-9月…営業赤字計上企業は8社に ブシロードは前四半期赤字から一転最高益 enishは4四半期ぶりの営業赤字計上

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る
KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高339億円、営業利益21億円、経常利益15億円、最終利益7億6000万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3656
企業データを見る
株式会社カヤック
http://www.kayac.com/

会社情報

会社名
株式会社カヤック
設立
2005年1月
代表者
代表取締役CEO 柳澤 大輔/代表取締役CTO 貝畑 政徳/代表取締役CBO 久場 智喜
決算期
12月
直近業績
売上高87億4900万円、営業利益7億4400万円、経常利益7億4000万円、最終利益5億500万円(2020年12月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3904
企業データを見る
株式会社東京通信
https://tokyo-tsushin.com/

会社情報

会社名
株式会社東京通信
設立
2015年5月
代表者
代表取締役会長 外川 穣/代表取締役社長CEO 古屋 佑樹
決算期
12月
直近業績
売上高24億4900万円、営業利益3億8300万円、経常利益3億6900万円、最終利益1億9300万円(2020年12月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
7359
企業データを見る