【決算まとめ②】ゲーム関連企業35社の7-9月…営業赤字計上企業は8社に ブシロードは前四半期赤字から一転最高益 enishは4四半期ぶりの営業赤字計上

      • 主要モバイルゲーム企業の2021年7~9月期の決算を引き続き振り返ってみたい。今回は、この四半期の営業赤字計上企業についてを取り上げたい。

        この四半期に営業赤字を計上した企業は、データ集計対象の35社中、8社となった。前四半期は7社で1社増となる。前四半期の赤字から黒字に転換したのはKLab<3656>とブシロード<7803>の2社となる。KLabは、前四半期まで3四半期連続の営業赤字が続いていたが、『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』や『BLEACH Brave Souls』など複数タイトルで周年キャンペーンを実施したことで営業黒字を確保したものの、今期3度目となる通期予想の下方修正を実施するなど依然として厳しい状況にあるのは否めないところ。

        一方、ブシロードは、TCG(トレーディングカードゲーム)部門の「ヴァイスシュヴァルツ」が業績をけん引する形となり、売上高、利益とも四半期ベースで過去最高を記録した。ゲーム部門については、『バンドリ! ガールズバンドパーティ!for Nintendo Switch』の発売により、コンソールゲームへの本格参入を果たしており、今後の動向も注目されるところだ。

        半面、前四半期の黒字から赤字となったのは、ボルテージ<3639>とenish<3667>、アピリッツ<4174>の3社となる。ボルテージは、主力の女性向けゲームが国内、海外向けともに売上を落としたことに加え、「収益認識に関する会計基準」の適用で売上と費用の発生時期に従来と比べてラグが生じることが影響した格好だ。

        enishは、4四半期ぶりの営業赤字計上となった。『欅のキセキ/日向のアユミ 』と『HiGH&LOW THE GAME ANOTHER WORLD』のサービス終了による売上の減少に加え、9月2日リリースの『彼女、お借りします ヒロインオールスターズ』(以下『かのぱず』)と事前登録を実施中の新作『進撃の巨人Brave Order』の外注費など新作開発費用が増加したことが利益面を圧迫した。『かのぱず』の初動が想定を下回っていることも懸念材料であり、次の四半期にどこまでばん回することができるのか、その推移を見守る必要があるだろう。

▼関連記事
【決算まとめ①】ゲーム関連企業35社の7-9月…『ラグオリ』と『Ragnarok X』寄与のガンホーがV字型回復 ギークスは『ヒロアカ』でレベニューシェア計上も

KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高339億円、営業利益21億円、経常利益15億円、最終利益7億6000万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3656
企業データを見る
株式会社ボルテージ
http://www.voltage.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ボルテージ
設立
1999年9月
代表者
代表取締役社長 津谷 祐司
決算期
6月
直近業績
売上高69億200万円、営業利益1億5900万円、経常利益1億7700万円、最終利益1億6300万円(2021年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3639
企業データを見る
株式会社enish
http://www.enish.jp/

会社情報

会社名
株式会社enish
設立
2009年2月
代表者
代表取締役社長 安徳 孝平
決算期
12月
直近業績
売上高40億7300万円、営業損益5億9600万円の赤字、経常損益6億4100万円の赤字、最終損益10億4400万円の赤字(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3667
企業データを見る
株式会社ブシロード
http://bushiroad.com/
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 ~オンラインサービス充実へ~
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 ~オンラインサービス充実へ~

会社情報

会社名
株式会社ブシロード
設立
2007年5月
代表者
橋本義賢
決算期
7月
直近業績
売上高325億6900万円、営業利益3億4400万円、経常利益5億8300万円、最終損益2億8400万円の赤字(2021年6月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
7803
企業データを見る