エイベックス、9月中間決算は営業益26億円と前年同期22億円の赤字から黒字転換 音楽パッケージ販売やライヴ収益が急回復

エイベックス<7860>は、この日(11月4日)、9月中間期の連結決算を発表し、売上高463億0400万円(前年同期比35.0%増)、営業利益26億3400万円(前年同期は22億2900万円の損失)、経常利益26億2300万円(同25億5700万円の損失)、最終利益16億1200万円(同32億8900万円の損失)と大幅増収・黒字転換を達成した。

・売上高:463億0400万円(同35.0%増)
・営業利益:26億3400万円(同22億2900万円の損失)
・経常利益:26億2300万円(同25億5700万円の損失)
・最終利益:16億1200万円(同32億8900万円の損失)

同社では、主力の音楽事業で音楽パッケージの販売数が伸びたことに加えて、ライヴ・イベントの公演数増加による売上が伸びた、としている。ライヴについては251.6%増の48億99万円、音楽パッケージは139.14%増の124億8300万円と急回復を見せた。アニメのパッケージ販売の拡大も貢献したようだ。

なお、業績回復を受けて2022年3月通期の業績予想を上方修正し、営業利益が10億円から30億円に、最終利益が0から18億円にそれぞれ引き上げた。音楽事業の売上が増加したことにより営業利益、最終利益が増加する見込みになった、としている。

エイベックス株式会社
https://avex.com/

会社情報

会社名
エイベックス株式会社
設立
1988年4月
代表者
代表取締役会長 松浦 勝人/代表取締役社長CEO 黒岩 克巳/代表取締役CFO 林 真司
直近業績
売上高815億2700万円、営業損益62億7800万円の赤字、経常損益65億3800万円の赤字、最終利益128億3100万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7860
企業データを見る