【ゲーム株概況(11/18)】サイバーエージェントが4日続伸 ネクソンは終値ベースで2500円台乗せ 「FF」新作配信開始もエイチームは材料出尽くしに

  • 11月17日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比89.67円安の2万9598.66円で取引を終えた。前日の米国市場安などを受けて、朝方から売り物が先行したものの、政府の経済対策が市場の予想を上回る規模になる見通しと報じられたことで、後場半ば過ぎより下げ幅を縮小した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、サイバーエージェント<4751>が4日続伸となったほか、バンク・オブ・イノベーション<4393>やワンダープラネット<4199>なども大幅高した。

    また、ネクソン<3659>が反発して、終値ベースで2500円台に乗せた。大手ゲーム株では、任天堂<7974>やセガサミーHD<6460>が買われた。

    半面、エイチーム<3662>は、前日11月17日より、スクウェア・エニックスとの共同タイトルとなる『ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー』の配信が開始となったものの、既に株価には織り込み済みとの見方から、材料出尽くしとみた売り物に押された。

    ほか、ケイブ<3760>や日本一ソフト<3851>、フリュー<6238>などが安い。

株式会社エイチーム
https://www.a-tm.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エイチーム
設立
2000年2月
代表者
代表取締役社長 林 高生
決算期
7月
直近業績
売上高312億5200万円、営業利益7億100万円、経常利益8億9500万円、最終利益8億7700万円(2021年7月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3662
企業データを見る
株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2930億円、営業利益1114億円、最終利益562億円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3659
企業データを見る