【ゲーム株概況(11/30)】ガンホーが続伸…終値ベースで3000円台乗せ 国内証券がレーティング「アンダーウエート」継続の任天堂が反落

  • 11月30日の東京株式市場では、日経平均は3日続落し、前日比462.16円安の2万7821.76円で取引を終えた。新型コロナウイルスの変異株となるオミクロン型の感染拡大により、世界的に経済回復の動きが遅れるのではとの懸念が引き続き市場の心理を冷やした。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ガンホー<3765>が続伸し、終値ベースで3000円台乗せを示現してきた。ガンホーは、11月12日に発行済株式総数の4.27%にあたる280万株、50億円を上限とした自社株買いを実施し、それを前回の自社株買いの取得分と合わせて消却することを発表しており、難地合い下で今後の需給面での好影響をにらんだ評価が続いているようだ。

    また、フリュー<6238>やギークス<7060>、壽屋(コトブキヤ)<7809>などがしっかり。

    半面、ボルテージ<3639>やテンダ<4198>、カヤック<3904>などが売られた。ミクシィ<2121>やコロプラ<3668>、DeNA<2432>が年初来安値を更新するなど主力株もさえない動きが目立った。

    任天堂<7974>は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティング「アンダーウエート」を継続したこともあって反落した。

    周辺株では、アルファポリス<9467>が6日続落となり、終値ベースで11月15日以来となる4000円割れまで売られた。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
http://www.gungho.co.jp/

会社情報

会社名
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
設立
1998年7月
代表者
代表取締役社長CEO 森下 一喜
決算期
12月
直近業績
売上高988億4400万円、営業利益301億5700万円、経常利益:302億200万円、最終利益163億6900万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3765
企業データを見る
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆7589億円、営業利益6406億円、経常利益6789億円、最終利益4803億円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7974
企業データを見る