サイバード、ブロックチェーンサッカーゲーム「Blockchain Football」の開発開始 ゲームモデルはプレイして稼ぐPlay-to-earn(P2E)方式



サイバードは、 人気サッカーゲーム『BFB』シリーズのノウハウを活かし、 ブロックチェーンサッカーゲーム「Blockchain Football」の開発をスタートすると発表した。同タイトルの配信は、 シンガポールのPlayNextが行うという。

また、 本プロジェクトには、 ブロックチェーン技術やNFTを活用したゲームの世界市場のトレンドをリードしているAnimoca Brandsがリードインベスターとして参加すると共に、 Play-to-Earnのゲームメカニズムについてアドバイスを行っていく。

同社は

「Blockchain Football」は獲得した選手のコレクションやトレード、 育成などに“NFT”や“Play-to-Earn”の機能を実装し、 ブロックチェーンゲームとしての新しい体験をお客様に届けることを目指しています。

とコメントしている。

なお、ブロックチェーン(NFT)を利用したサッカーゲームでは、フランスの「sorare」がリリースされている。同タイトルは、2021年3月、当時ユベントスに所属するクリスチャーノ・ロナウド選手のNFT化したレアカードに28万9920ドル(約3200万円)の値がついたことでも、大きく話題になった。

また国内ではコインチェックとの連携も決定し、同社のNFTマーケットでの取り扱いも視野にあるという。「Blockchain Football」ではどのような方式で、play to earnを設立するのか興味深いところだ。


<関連記事>
ゲームで稼ぎ、家を建てた猛者現る 今、知っておきたいブロックチェーンゲーム(NFTゲーム)のおおよそ


株式会社サイバード
http://www.cybird.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバード
設立
1998年9月
代表者
代表取締役社長兼CEO 本島 匡
決算期
12月
直近業績
売上高69億200万円、経常利益3億4500万円、最終損益2億8900万円の赤字(2020年12月期)
上場区分
非上場
企業データを見る