【ゲーム株概況(1/6)】子会社サイバードがBLCサッカーゲーム開発のアエリアが軟地合い下で堅調 国内証券が目標株価引き上げもサイバーエージェントは続落

  • 1月6日の東京株式市場では、日経平均は3日ぶりの大幅反落となり、前日比844.29円安の2万8487.87円で取引を終えた。米FOMC(連邦公開市場委員会)の議事要旨が公表され、米国の量的緩和の終了が急速に進むとの見方から米長期金利が上昇し、幅広い銘柄に売り物が広がった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ほぼ全面安に近い商状の中で、NJホールディングス<9421>とアエリア<3758>がプラス圏を維持した。アエリアは、前日5日に子会社のサイバードがブロックチェーンサッカーゲーム『Blockchain Football』の開発をスタートすると発表したことが株価の下支えとなったようだ。

    半面、SHIFT<3697>が3日続落で大きく値を崩し、前日はEV(電気自動車)関連を材料に急騰したソニーグループ<6758>は大幅反落した。

    ほか、アピリッツ<4174>とブシロード<7803>の下げもきつい。

    サイバーエージェント<4751>は、みずほ証券が投資判断「買い」を継続し、目標株価を2400円から2500円に引き上げたものの、この日は続落した。

    コナミHD<9766>やバンダイナムコHD<7832>など大手ゲーム株の一角も売られた。

株式会社アエリア
http://www.aeria.jp/

会社情報

会社名
株式会社アエリア
設立
2002年10月
代表者
代表取締役会長 長嶋 貴之/代表取締役社長 小林 祐介
決算期
12月
直近業績
売上高257億円、営業利益3億6400万円、経常利益4億1100万円、最終損益45億2100万円の赤字(2020年12月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
3758
企業データを見る
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る