サイバーエージェント藤田社長、新作ゲームは『FINAL FANTASY VII EVER CRISIS』と『呪術廻戦 ファントムパレード』に期待を寄せる

サイバーエージェント<4751>は、この日(4月27日)開催した第2四半期の決算説明会(オンランで開催)において、ゲーム事業における新作タイトルとして、スクウェア・エニックスと子会社アプリボットが共同開発する『FINAL FANTASY VII EVER CRISIS』と、子会社サムザップが開発する『呪術廻戦 ファントムパレード』に期待を寄せた。

決算説明資料においては、2022年内にリリース予定としている。

なお、同じく子会社のGOODROIDが開発している『東京リベンジャーズ』についても、まだタイトル未定となっていることから、2022年内になる可能性が高そうだ。


 (※サイバーエージェントより一部情報が誤っていた連絡を受け、内容を一部修正しております)

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る