ステーブルコインJPYCの累計発行額が10億円を突破



JPYCは、本日(5月11日)、2022年5月にJPYCの累計発行額が10億円を突破したと発表した。2021年1月にJPYCが発行されてから約1年4ヶ月での達成となる。

「JPYC(JPY Coin)」は1JPYC=1円で取引される前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコインとなる。2021年1月27日に発行を開始してから、2022年5月には10億円を超えるJPYCが発行された。

最近では、Astar NetworkやAvalancheといったチェーン上でのJPYCを発行・流通することが可能となり、JPYCのエコシステム拡大の影響でさらに発行が伸びている状況。

JPYCでは現在、Ethereum、Polygon、Shiden Network、Gnosis、Avalanche、Astar Networkで利用可能となっている。

これまで、松屋銀座店頭でのJPYC代理購入や、Vプリカギフトへの交換、次世代クレジットカード「Nudge」との連携も行行った。さらにマイクロソフトのスタートアップ支援プログラムに採択され、経営体制も強化しているという。


JPYC

会社情報

会社名
JPYC
設立
2019年11月
代表者
岡部 典孝
企業データを見る