アピリッツ、『アルカ・ラスト』のサービスを5月中にフジゲームスから移管


アピリッツは、『アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実』について、 運営主体をアピリッツに変更することを発表した。

運営主体変更の手続き完了は2022年5月中を予定している。なお、アピリッツはすでに本ゲームの運営を行っており、今後もユーザーに継続的に変わらぬサービスを提供できるよう運営体制を整えているとのこと。

・今回の取り組みの理由
アピリッツは、オンラインゲームの受託開発および自社ゲームの企画・開発・運用における10年以上の実績を活かし、運営移管(セカンダリサービス)の事業を展開している。このたび、本ゲームの運営主体となることにより、本ゲームの継続的なサービス提供ならびに自社のゲーム開発力のさらなる向上を目指すことができると判断した。運営主体となった後は、ユーザーに、より一層楽しんでもらえるゲーム運営を目指していくという。

・サービス移管のスケジュールについて
2022年5月30日~2022年5月31日予定
上記期間に、ゲームメンテナンス・ユーザーデータの移行・アプリのアップデートを実施する。

※詳細な実施時間については、ゲーム内お知らせにて追って案内する。
※メンテナンス中はゲームをプレイすることができない。
※メンテナンス後はアプリのアップデートが必要となる。



■『アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実』

 

公式サイト

公式Twitter

App Store

Google Play



©Fuji Games, Inc. All Rights Reserved

株式会社アピリッツ
https://appirits.com/

会社情報

会社名
株式会社アピリッツ
設立
2000年7月
代表者
代表取締役社長 執行役員CEO 和田 順児
決算期
1月
直近業績
売上高47億9500万円、営業利益2億3300万円、経常利益2億2000万円、最終利益1億900万円(2022年1月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4174
企業データを見る