【ゲーム株概況(5/11)】1対10株の株式分割発表の任天堂が11日ぶりに反発 コムシードが一時S高 前期黒字転換&子会社円谷プロ好調のフィールズがS高

  • 5月11日の東京株式市場では、日経平均は3日ぶりに反発し、前日比46.54円高の2万6213.64円で取引を終えた。前日の米国市場でハイテク株が買われた流れを受けて、国内市場も半導体関連株などを中心に買い戻しの動きが広がった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、コムシード<3739>が反発して一時ストップ高まで買われたほか、ワンダープラネット<4199>やブシロード<7803>が買われた。

    また、前日10日に2022年3月期決算を発表するとともに、1対10株の株式分割を実施することを発表した任天堂<7974>が11日ぶりに反発した。任天堂は、野村証券が投資判断「Buy」を継続したことも株価に追い風となっているもようだ。

    周辺株では、2022年3月期決算が黒字転換を果たしたほか、子会社の円谷プロダクションの伸長も著しいフィールズ<2767>がストップ高した。

    前日10日に2022年3月期決算を発表したDeNA<2432>は、保有する任天堂株式の一部を496億円で売却したことを発表したが、主力のゲーム事業が減収減益となったことなどが嫌気され、小幅反発にとどまった。

    半面、東映アニメ<4816>が5日続落となり、グリー<3632>やボルテージ<3639>などもさえない。

    東京通信<7359>は5日続落した。

任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆7589億円、営業利益6406億円、経常利益6789億円、最終利益4803億円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7974
企業データを見る
フィールズ株式会社
http://www.fields.biz/

会社情報

会社名
フィールズ株式会社
設立
1988年6月
代表者
代表取締役会長兼社長 山本 英俊
決算期
3月
上場区分
東証プライム
証券コード
2767
企業データを見る