ブシロード、22年6月通期の経常益を31億円から41億円に増額 『シャドウバースエボルヴ』完売相次ぐ 英語版『ヴァイスシュヴァルツ』過去最高の受注 為替の円安も

ブシロード<7803>は、5月13日、2022年6月通期の連結業績予想の上方修正を行い、売上高400億円(前回予想387億円)、営業利益25億円(同22億円)、経常利益41億円(同31億円)、最終利益23億5000万円(同22億円)、EPS73.47円(同68.27円)とした。

・売上高:400億円(前回予想387億円)
・営業利益:25億円(同22億円)
・経常利益:41億円(同31億円)
・最終利益:23億5000万円(同22億円)
・EPS:73.47円(同68.27円)

従来予想からの修正率は、売上高3.3%増、営業利益13.6%増、経常利益32.2%増、最終利益6.8%増となっている。

・売上高:3.3%増
・営業利益:13.6%増
・経常利益:32.2%増
・最終利益:6.8%増

利益率の高いTCG(トレーディングカードゲーム)部門が国内・海外ともに好調に推移しているため、としている。第4四半期にCygames との共同事業となる新 TCG「Shadowverse EVOLVE(シャドウバースエボルヴ)」が4月28日に発売となり、全国のカードショップでは完売が相次ぐなど、大きなヒットとなっている。

海外拠点においても英語版ヴァイスシュヴァルツが事前の受注数で過去最高となり、前回予想を上回る見通しとなっている。

また、為替相場の変動により、第3四半期累計における為替差益は2億5100万円となっている。このような状況を鑑み、当期末日となる6月30日の為替レートを1USD=130円と想定し、第4四半期において為替差益1億6600万円が発生し、当期において営業外収益に為替差益4億1800万円を計上する見込み。


【関連記事】
【インタビュー】ブシロードとCygamesの強力タッグが贈る新作TCG『シャドウバース エボルヴ』βテストがスタート TCG歴25年のベテランプレイヤーに聞くプレイした感想と今後への期待

株式会社ブシロード
http://bushiroad.com/
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 オンラインサービス充実へ
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 オンラインサービス充実へ

会社情報

会社名
株式会社ブシロード
設立
2007年5月
代表者
橋本義賢
決算期
7月
直近業績
売上高325億6900万円、営業利益3億4400万円、経常利益5億8300万円、最終損益2億8400万円の赤字(2021年6月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
7803
企業データを見る