【ゲーム株概況(5/18)】主要株主の株式売却完了による需給改善期待で東京通信がS高 国内証券が目標株価引き下げのサイバーエージェントは3日続落

  • 5月18日の東京株式市場では、日経平均は4日続伸し、前日比251.45円高の2万6911.20円で取引を終えた。前日の米国市場の上昇を受けて、国内市場も景気敏感株などを中心に買い物が先行した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、モブキャストHD<3664>が大幅続伸したほか、ワンダープラネット<4199>が上げ幅を拡大して4日続伸した。

    また、主要株主だった資産管理会社YSホールディングスによる株式売却が完了したと発表した東京通信<7359>は、需給環境が改善に向かうとの見方からストップ高した。

    大手ゲーム株では、スクウェア・エニックスHD<9684>が4日続伸し、一時6000円台を回復する場面があった。

    周辺株では、「NVIDIA Omniverse Partner Council Japan」に参画したことを発表したシリコンスタジオ<3907>がストップ高した。

    半面、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断「ニュートラル」を継続し、目標株価を1550円から1450円に引き下げたサイバーエージェント<4751>が3日続落した。

    ほか、ギークス<7060>やサンリオ<8136>などが安く、コムシード<3739>は一時ストップ安まで売られるなど、荒い値動きを見せた。

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る
株式会社東京通信
https://tokyo-tsushin.com/

会社情報

会社名
株式会社東京通信
設立
2015年5月
代表者
代表取締役会長 外川 穣/代表取締役社長CEO 古屋 佑樹
決算期
12月
直近業績
売上高47億3100万円、営業利益4億6500万円、経常利益4億2400万円、最終利益2億200万円(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
7359
企業データを見る
シリコンスタジオ株式会社
http://www.siliconstudio.co.jp

会社情報

会社名
シリコンスタジオ株式会社
設立
2000年1月
代表者
代表取締役社長 梶谷 眞一郎
決算期
11月
直近業績
売上高41億3400万円、営業利益7300万円、経常利益7700万円、最終利益1600万円(2020年11月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3907
企業データを見る