リンクトブレイン、ゲーム運営・開発向けQAサービスを開始

リンクトブレインは、ゲーム運営・開発におけるテスト検証を行うQAサービスを開始した。ゲームソフト/アプリは技術向上に伴い年々多様化/複雑化してきており、不具合の数も増加傾向にあり、また、QA業務にもより専門性が求められている。そのような市場の中で、リンクトブレインでは「現場が求める品質」をコンセプトとしたQAサービスを提供することにした、としている。


【リンクトブレインが提供する3つのQAサービス】
1)テストサービス
ゲームの品質向上を目的として、運営・開発中タイトルのテストを実行し、バグトラッキングシステムへ不具合を報告する検出サービス。

2)品質改善レポートサービス
ゲームの改善方針の検討を目的として、対象のタイトルを実際にプレイした評価内容をまとめ、品質改善レポートを提出するサービス。

3)言語品質保証(LQA)サービス
翻訳の品質向上を目的として、テキストデータだけではなく画面ごとに確認を行い、表示の調整が必要でないかどうか、ローカライズに関わる問題を幅広く検出するサービス。


【リンクトブレインQAサービスの強み】
■テスト技術力
運営・開発ディレクター経験者が部門責任者を担い、運営・開発のナレッジをすべてのQAスタッフに共有することで知見を高め、高いテスト技術力を実現している。また、運営中のケースでは、マスタデータの差分チェックもできる。これにより意図しないデータ投入による事故を軽減する。

■簡易な導入が可能
動作環境の確認とヒアリングのみでもテストケースの作成ができる。仕様書がないケースでも開発現場への負荷が少ないかたちでサービスの導入ができる。状況によりカスタマーサポート会社の選定やつなぎ合わせ、要件定義から運営後のエスカレーション窓口まで当サービスでフォローする。

■管理ツールを用意
利用中のバグトラッキングシステムがない場合は、当サービスで管理ツールを用意することで、現場の確認や管理コストを軽減する。不具合の報告に際しては、不具合の内容だけでなく、原因についての推測を含めた報告もできる。

株式会社リンクトブレイン
http://linkedbrain.jp/

会社情報

会社名
株式会社リンクトブレイン
代表者
岩本真吾
決算期
9月
上場区分
非上場
企業データを見る