バンナム、ブロックチェーン技術を活用したファンエコノミー事業を展開するGaudiyに『021 Fund』を通じて出資 「IPメタバース」創出で協業

バンダイナムコエンターテインメントは、この日(6月1日)、「IP(知的財産)メタバース」の構築および新たなエンターテインメントの創出を目的としたスタートアップ投資ファンド『Bandai Namco Entertainment 021 Fund』を通じて、「IPメタバース」をはじめとする新たなファン体験の創出に向け、ブロックチェーン技術を活用したファンエコノミー(※1)事業を展開するGaudiyに出資したことを明らかにした。出資額や出資比率については開示していない。

Gaudiyは、ファンの熱量を最大化するWeb3.0時代のファンプラットフォーム「Gaudiy Fanlink(ガウディファンリンク)(※2)」を開発・提供しており、エンターテインメント領域でのブロックチェーン技術の活用や、ファンに寄り添う体験設計をはじめとするコミュニティー運営の知見を有している。

今回の出資を通じて、Gaudiyの知見を取り入れながら、「IPメタバース」をはじめとする新たなファン体験の創出を目指す、としている。バンダイナムコでは、グループパーパス「Fun for All into the Future」のもと、中期計画(2022年4月~2025年3月)ではファンとつながるための新しい仕組みとしてIPごとのメタバースの開発に着手すると発表している。


※1:ファンによる応援や創作などの活動から生まれる価値を正しく評価・還元する新しい経済圏のこと。
※2:NFT、DID(分散型ID)などのブロックチェーン技術を活用して、ファンの熱量を最大化するWeb3.0時代のファンプラットフォーム。IP(キャラクターなどの知的財産)独自のコミュニティシステムの提供を通じて、ファンの横断的な活動データを記録・蓄積し、ファンの貢献や熱量が正しく評価・還元するエコシステムを構築する。


■Gaudiy概要
・主な事業内容:ブロックチェーン技術を活用したファンエコノミー事業
・本社所在地:東京都渋谷区笹塚1丁目64−8 Daiwa笹塚ビル6階
・代表者:代表取締役社長 石川裕也


■『Bandai Namco Entertainment 021 Fund』概要
・主な投資対象:国内外のブロックチェーン、VR/AR/xR、AIなどの技術を活用したエンターテインメントに関連するプロダクトやサービスの提供、また、メタバース、Web3.0関連の事業を行うスタートアップ企業など
・投資対象ステージ:プレシードからレイターステージまでの幅広い成長ステージの企業を対象とする
・投資規模:年間10億円(3年間で30億円)程度の出資を想定
・チケットサイズ:数000万円~5億円

株式会社バンダイナムコエンターテインメント
https://www.bandainamcoent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
代表取締役社長 宮河 恭夫
決算期
3月
直近業績
売上高2507億6500万円、営業利益428億2000万円、経常利益440億5500万円、最終利益332億5700万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
Gaudiy(ガウディ)

会社情報

会社名
Gaudiy(ガウディ)
企業データを見る