バンナムフィルムワークス、22年3月期の決算は最終赤字7億2200万円 サンライズとバンナムアーツ映像事業、バンナムライツマーケティングが統合

バンダイナムコホールディングス<7832>傘下のバンダイナムコフィルムワークスの2022年3月期(第46期)の決算は、最終損失が7億2200万円だった。

同社は、バンダイナムコグループのIPプロデュースユニットの再編の一環として、サンライズを存続会社として、バンダイナムコアーツの映像事業とバンダイナムコライツマーケティングが統合する形で設立、4月1日より始動した。

主な事業内容は、アニメーションを中心とする映像作品の企画・製作のほか、著作権・版権の管理運用、映像関連商品の企画・販売、映像関連サービスの企画・開発・運営となっている。

なお、存続会社である旧サンライズの前の期(2021年3月期)の決算は、最終利益が37億6800万円だった。サンライズ時代からの推移は以下のとおり。

株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高8892億7000万円、営業利益1254億9600万円、経常利益1336億800万円、最終利益927億5200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7832
企業データを見る
株式会社バンダイナムコフィルムワークス
https://www.bnfw.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコフィルムワークス
設立
1976年11月
代表者
代表取締役社長 浅沼 誠
企業データを見る