【ゲーム株概況(6/15)】ANYCOLORがストップ高、時価総額2300億円超 高成長に強い期待 ケイブも逆行高 colyやアピリッツ、gumiの下げきつい

6月15日の東京株式市場では、日経平均は4日続落となり、前日比303円73銭安の2万6326円16銭でこの日の取引を終えた。米国FOMCを前にイベントへの警戒感から手控えムードが広がった。インフレの続く米国では利上げがほぼ織り込まれているものの、米国経済への影響が懸念されているという。

こうしたなか、ゲーム関連株をみると、ANYCOLOR<5032>がストップ高となる1000円高の7700円で取引を終えた。時価総額も2300億円を超えた。2023年4月期の業績が大幅な増益予想となったことを受けて、成長性の高さを評価した買いが入った。市場全体に手詰まり感があり、値動きの軽さもあって資金が入りやすくなっている側面もある。

同社は、2023年4月期について、売上高190億円~210億円(同34.1%増~同48.3%増)、営業利益55億1000万円~65億1000万円(同31.5%増~同55.3%増)、最終利益38億円~46億2000万円(同36.1%増~同65.4%増)、EPS126.91円~154.29円となる見通しと発表した。

4月に締めた決算発表がほぼ出揃ったが、売られる銘柄が目立った。coly<4175>が大幅続落。第1四半期決算で営業損失7800万円を計上したことが嫌気された。アピリッツ<4174>やgumi<3903>の下落もきつい。

このほか、ケイブ<3760>も逆行高となった。『モンスターストライク』の開発を行ったでらゲーの買収を受けて水準訂正の動きとなっている。買収によって黒字化が期待されているほか、「負ののれん」が発生することもあって、当面は適正な水準を模索する動きが続きそうである。
 

株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ケイブ
設立
1994年6月
代表者
代表取締役社長 秋田 英好/代表取締役副社長 安藤 裕史
決算期
5月
直近業績
売上高17億400万円、営業損益2億2500万円の赤字、経常損益2億3300万円の赤字、最終損益2億4400万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3760
企業データを見る
株式会社アピリッツ
https://appirits.com/

会社情報

会社名
株式会社アピリッツ
設立
2000年7月
代表者
代表取締役社長 執行役員CEO 和田 順児
決算期
1月
直近業績
売上高47億9500万円、営業利益2億3300万円、経常利益2億2000万円、最終利益1億900万円(2022年1月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4174
企業データを見る
株式会社coly
https://colyinc.com/

会社情報

会社名
株式会社coly
設立
2014年2月
代表者
代表取締役社長 中島 瑞木/共同創業者 代表取締役副社長 中島 杏奈
決算期
1月
直近業績
売上高65億1900万円、営業利益14億9800万円、経常利益14億6600万円、最終利益9億6400万円(2022年1月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
4175
企業データを見る
ANYCOLOR株式会社
https://www.anycolor.co.jp/

会社情報

会社名
ANYCOLOR株式会社
設立
2017年5月
代表者
田角陸
決算期
4月
上場区分
東証グロース
証券コード
5032
企業データを見る