「Nintendo Switch」国内累計販売台数が2500万台突破! 3DSシリーズの累計販売を上回る! ファミ通推定

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、任天堂が2017年3月3日に発売したゲーム機「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)の国内推定累計販売台数が2500万台を突破したとの推計結果をまとめた。


■「ニンテンドースイッチ」国内推定累計販売台数
(集計期間:2017年3月3日~2022年6月12日/販売週数:276週)
国内推定累計販売台数:2501万0404台
<内訳>
Nintendo Switch: 1837万9851台
Nintendo Switch Lite: 475万4257台
Nintendo Switch(有機ELモデル):187万6296台

 

【ニンテンドースイッチ向けソフト 国内推定累計販売本数TOP5】
(集計期間:各発売日~2022年6月5日 ※1週前までの集計)単位:本
順位:タイトル名/メーカー/発売日/推定累計販売本数
1位:あつまれ どうぶつの森/任天堂/2020年3月20日/726万1929
2位:大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL/任天堂/2018年12月7日/489万5873
3位:マリオカート8デラックス/任天堂/2017年4月28日/466万4614
4位:ポケットモンスター ソード・シールド/ポケモン/2019年11月15日/434万5336
5位:スプラトゥーン2/任天堂/2017年7月21日/408万6738
<出典:ファミ通>


■今回の速報について
任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」(2017年3月3日発売)は、発売から276週(約5年3ヵ月)で国内累計販売台数2500万台を突破した。

なお、2011年2月発売のニンテンドー3DSシリーズ(6機種合計)の累計は2459.5万台となる。ニンテンドースイッチの累計は、2022年5月1週時点で同ハードを上回ることとなった。

ニンテンドースイッチ向けのパッケージソフトでは、「あつまれ どうぶつの森」(任天堂/2020年3月20日発売)が726万本※を売り上げ、累計販売本数トップとなっている。

今後、「スプラトゥーン3」(任天堂/2022年9月9日発売予定)や「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」(ポケモン/2022年11月18日発売予定)といった人気シリーズの新作の発売も控えており、さらなる販売台数の伸びが期待される、としている。

※ソフトの累計販売本数は2022年6月5日まで、パッケージ版のみの集計となっている。(ハードの累計販売台数は2022年6月12日までの集計。)
※本調査データは、KADOKAWAグループのシンクタンクである角川アスキー総合研究所が調査し、KADOKAWA Game Linkage に提供している。

株式会社KADOKAWA
http://www.kadokawa.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社KADOKAWA
設立
1954年4月
代表者
代表取締役社長 社長執行役員 夏野 剛/代表取締役 執行役員 Chief Human Resources Officer(CHRO)兼Chief Literature & Movie Officer(CLMO) 山下 直久
決算期
3月
直近業績
売上高2212億0800万円、営業利益185億1900万円、経常利益188億2200万円、最終利益128億2000万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9468
企業データを見る