イマジニア子会社のimagineer nexus、22年3月期決算は最終利益ゼロ 22年3月に設立したばかり マーケティングとコンテンツが主力事業

イマジニア<4644>の100%子会社にあたるimagineer nexusの2022年3月期(第1期)の決算は、最終利益はゼロ(正確には、100万円未満)だった。本日(6月27日)付の「官報」に掲載された「決算公告」で判明した。

同社は、マーケティング及びコンテンツ事業を手掛ける会社で、2022年3月1日に設立されたばかり。数字としては、本格的に事業展開する2023年3月期から出てくることになる。

イマジニアでは、既存事業の領域拡大や新規事業の立ち上げを加速するため、これまで培ってきたノウハウやアセット、ネットワークを活かして「結び」をキーワードに新たな価値創出を目指す、としている。

 

イマジニア株式会社
https://www.imagineer.co.jp/

会社情報

会社名
イマジニア株式会社
設立
1986年1月
代表者
代表取締役社長兼CEO 澄岡 和憲
決算期
3月
直近業績
売上高63億3100万円、営業利益11億7700万円、経常利益13億3700万円、最終利益8億9000万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4644
企業データを見る